• 会員限定
  • 2023/08/08 掲載

顧客の言いなりから脱却へ……物流業界を大変革する「ロボットサブスク」という新潮流

連載:「日本の物流現場から」

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
物流ロボットと言えば、相当の覚悟をした上で導入するものだ。当然だろう。以前の物流ロボットは、数千万円から億円単位の投資を必要としたからだ。だが現在、1台当たり月額数十万円で導入できる物流ロボットのサブスクリプションサービスが登場し、注目を集めている。人手不足が深刻化する物流現場の生産性向上と、物流ビジネスの変革を可能にするゲームチェンジャーとして存在感が増しているのだ。なぜこの物流ロボットのサブスクという新潮流に期待が高まっているのだろうか。
執筆:物流・ITライター 坂田 良平

執筆:物流・ITライター 坂田 良平

Pavism 代表。元トラックドライバーでありながら、IBMグループでWebビジネスを手がけてきたという異色の経歴を持つ。現在は、物流業界を中心に、Webサイト制作、ライティング、コンサルティングなどを手がける。メルマガ『秋元通信』では、物流、ITから、人材教育、街歩きまで幅広い記事を執筆し、月二回数千名の読者に配信している。

photo
物流現場の救世主になれるのか? 物流ロボットのサブスクという新潮流を探る
(筆者撮影、+Automationのt-Sortが稼働する富士ロジテックホールディングス 東名厚木物流センター)

物流ロボットが普及しない、高すぎるハードルとは

 たとえば、物流倉庫内にベルトコンベア等の荷物搬送路が張り巡らされた自動倉庫。たとえば、多数のラックに自動で荷物が搬出入される自動ラック。たとえば、荷物を1つずつ器用につまみ上げ、箱やパレットに積み付けていくピッキング・積付けロボット。あるいは、倉庫内を自走して、貨物や製品を搬送するAGV/AMRなど。

 筆者が2019年にレポートした、「AutoStore(オートストア)」(※マルイのEC物流センター内で利用)も、物流ロボットの1つである。なお、自動倉庫や自動ラックを物流ロボットに含めないとする見解もあるが、本稿ではまとめて物流ロボットとする。

 物流ロボットは、人手不足が深刻化する物流ビジネスにおいて、省人化を実現し、さらに倉庫内業務における生産性を向上させる救世主として期待されている。

 だが物流ロボットに限らず、産業用ロボットは総じて高額である。すでに述べた通り、数千万円から数億円単位の投資を必要とする物流ロボットを導入できるのは、一部の現場に限られていた。

 倉庫内において、荷物を作業員の手元まで搬送し、作業員の負担を減らしてくれるGTP(Goods to person)では、AGVやAMRが担い手として期待されるところだが、これらは自動倉庫などに比べてはるかに安価である。だがそれでも1台100万円以上するものもあり、まとまった数を必要とする物流現場では、この高額な初期投資コストが、導入へのハードルとなっていた。

物流ロボ サブスクが大注目される「3つの理由」

 ところがここにきて、AMR・AGVなどの物流ロボットを、サブスクリプションサービスで提供する物流スタートアップが登場し始め、注目を集めている。ちなみに、ロボットをサブスクリプションで提供するサービス形態を、「RaaS(Robotics as a Service)」と呼ぶ。

 たとえば、2019年に創業した+Automationの場合、初年度における同社の物流ロボット導入拠点数は5拠点だったが、わずか4年間で100拠点、約3400台にまで急拡大した。

画像
物流ロボットのサブスクがなぜ注目されているのか
(Photo/Shutterstock.com)

 物流ロボットのRaaSが、ここまで注目を集めている理由は何か? 筆者は、「手軽であること」、「変化に強いこと」、「利用企業のオリジナリティが出しやすいこと」の3点だと考えている。 【次ページ】物流のロボットサブスクが注目を集める「3つの理由」を深掘り解説

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます