開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ブロードバンドセキュリティ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/10/22

セミナー資料

ホワイトペーパー
標的型攻撃とパスワード認証の脆弱化
コンピュータの急速な高性能化により、昨今、10桁程度のパスワードならば1日で解読されてしまう可能性がある。しかし多くの人がパスワードの脆弱性に留意しておらず、パスワード認証が破られても気がつかないことが多いのが実情だ。このことが標的型攻撃による情報漏えいの被害を拡大する要因となっており、ダメージを最小限に留めるには早期にパスワードが破られたことを検知する仕組みが必要となっている。本資料ではこの問題に対する具体的な対策例として、ブロードバンドセキュリティのASPサービスにおける取り組みを紹介する。(2012年9月21日開催「事故前提社会のセキュリティダメージコントロールセミナー」より)
ページ数:27ページ

ブロードバンドセキュリティ
特命 技術企画担当アーキテクト
安藤 一憲 氏

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!