開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/10/12

技術文書

ホワイトペーパー
内部に潜伏している攻撃者や脅威をすばやく見つけ出すには?
内部不正や複雑化・巧妙化するサイバー脅威は発見や検知が難しく、情報漏えいのリスクも高まっている。こうした「未知」の脅威には、特権アクセスを利用して価値の高いデータを盗むといった攻撃手法などがある。これらの脅威には、エンドポイントから収集された膨大なデータから、異常なログイン頻度や出勤の曜日や時刻、通常と異なる機器利用などのユーザー情報を利用した行動分析による検出が有効だ。本書は、エンドポイントから収集したイベントデータを利用して、教師なし機械学習を特長とする「UEBA」(User and Entity Behavior Analytics)により、未知の脅威を検知する仕組みを紹介する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●未知の脅威により困難となる検知
●脅威の事例
●脅威を見つけ出すソリューション

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!