開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/10/12

技術文書

ホワイトペーパー
サイバー脅威とデータ規制の要件、「ID」「アプリ」「データ」の保護が重要なワケ
2015年には年間約3兆ドルだったサイバー犯罪被害額は、2021年までに年間約6兆ドル、犯罪件数は年間350万件に達すると見られる。こうした脅威によるリスクは、ビジネスにおけるアプリケーション、ユーザー、デバイスの増加に伴うデータの増大に伴いさらに増している。一方で、GDPR(EU一般データ保護規則)やCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)など、個人情報保護の法規制は増え続けており、企業はセキュリティ侵害だけでなく、データプライバシーやコンプライアンスやガバナンスなどへの対応までも求められている状況だ。こうした状況に対応するには、「アイデンティティ情報」「アプリケーション」「データ」の3つを統合的に保護していく必要がある。本書は、これら3つの重要な分野を保護し、企業内のセキュリティ、リスク、ガバナンスに対応するアプローチについて説明する。
ページ数:16ページ
内容(一部抜粋)
●サイバーセキュリティ上の脅威の増大
●増え続けるデータ規制
●最も重要な3つの分野を保護するアプローチ
●セキュリティ、リスク、 ガバナンスのポートフォリオ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!