開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アイテック阪急阪神株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/29

技術文書

ホワイトペーパー
クラウド接続で「インターネットVPN」より「閉域接続」が優れている4つのポイント
クラウドの利用が拡大し、これまではオンプレミス志向が強かった金融業界や自治体、政府関連でも、「クラウドファースト」でシステムを検討することが増えてきた。そこで重要になるのが、クラウドとの接続方法だ。接続方法は、インターネットを利用する「インターネットVPN」とインターネットとは別の通信網を使う「閉域接続」の2種類に大きく分けられる。一見するとインターネットVPNの方が簡単で低コストに思えるが、そこには落とし穴もある。そこで本資料では、閉域接続について4つの観点から優位点を解説する。
ページ数:19ページ
内容(一部抜粋)
●クラウド移行の現状
●VPNと閉域接続の違い
●ネットワーク領域における4つの視点

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!