開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan 合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/09

技術文書

ホワイトペーパー
ユーザーが離脱する最大要因「アプリ性能の劣化」を防ぐ、最新のツール活用術とは?
ビジネスのデジタル化が加速する中、多くの企業がアプリケーションのパフォーマンスを最優先課題と考えるようになった。451 Researchによる『Voice of the Connected User Landscape』の調査では、消費者はパフォーマンスに著しく敏感であり、不満に感じると離脱するという。その解決策として、特にクラウドネイティブ環境ではAPMツールやオブザーバビリティツールの使用が考えられる。運用データを適切に収集し、高度な分析結果を得ることで、インシデント対応などでパフォーマンスの問題を発見して解決可能になる。以下の資料では、複雑かつ動的なクラウド環境でのパフォーマンス最適化を実現するコツを紹介する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●アプリケーションやサービスのパフォーマンスの低さを理由にブランドを切り替える可能性
●クラウドネイティブ時代に最適なアプリケーションパフォーマンスと収益の関係に対する理解

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!