開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社東陽テクニカ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/03/28

キャリアやISP、EC事業者で爆発的に増加・複雑化するトラフィックの問題を解決する

スマートフォンの急速な普及により、通信インフラを流れるデータ量が爆発的に増加している。最近、大手通信キャリアのトラブルも目立つが、データ量の増加に加えて、通信手段の複雑化や経路の多様化などにより、問題の発見が困難になっていることが背景にある。また、こうしたトラフィックの問題は、通信キャリアに限らず、大手ISPやeコマース事業社、SIer、自社では回線網を持たないMVNO事業者も直面する課題だろう。通信インフラの現状や米国の最新動向、さらにこれらの問題の解決方法について、専門家に話を聞いた。

データ爆発の原因はスマートフォンとソーシャルメディア

photo
東陽テクニカ
情報通信システム営業部
次長
北山正姿氏
 スマートフォンの普及によって、我々の生活は間違いなく便利になった。しかし、その一方で、データ爆発という問題も顕在化している。最近、大手通信キャリアの通信トラブルが立て続けに発生しているが、その原因も膨れあがるデータにあると言われている。こうした現状について、ネットワーク測定機器販売を長く手がける東陽テクニカ 情報通信システム営業部 次長 北山正姿氏は次のように説明する。

「これまでのフィーチャーフォン(ガラケー)は、キャリア専用のネットワークをキャリアが開発・管理しているポータルネットワークやポータルサイトに接続されることを前提に開発され、運用されていました。ところが、スマートフォンは、常時ネットワークに接続され、リアルタイム性を要求するソーシャルメディアなどマルチメディアサービスの提供と、携帯機器として通話、待受時間を伸ばす需要に挟まれ進化してきています。進化の途上で、今まで想定されていなかったさまざまな問題が顕在化してきているというのが現在の状況ではないでしょうか」(北山氏)

 もちろん、通信キャリアもこうした現実を目の前に、ただ手をこまねいて見ているわけではない。固定回線であれば100Gbpsイーサなどの超高速回線、無線であればLTEなどの技術によってバックボーンを太くする努力を続けている。また、「データオフロード」と呼ばれるトラフィックを外に逃がす技術も研究・導入されている。3G回線へのトラフィックを吸収するWi-Fiスポットの拡充、一般家庭や小規模オフィスに設置されるフェムトセルなどはその例だろう。

 また、最近はパケットの中身を見て制御する仕組みも米国で登場しつつある。たとえば、メールやWebは素通しして、ビデオのトラフィックだけを絞ったり、回線混雑時に有料ユーザーのパケットを優先し、その他のユーザーのトラフィックを絞ったりする仕組みだ。3G網の定額料金制が崩壊している米国で、より高度なサービスを展開する目的で利用されている。

 ただ、いずれにしても通信インフラやサービスを提供する側が爆発するデータへの対応や高度化するサービスへの対応に追われている構図は変わりない。これは通信キャリアに限らず、大手ISPやeコマース事業社、SIer、自社では回線網を持たないMVNO事業者にも言えることなのである。

このページのTOPへ


通信回線の逼迫状況を再現して問題を発見

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!