開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/12/20

ビジネスの継続性(BCP)とグローバル化が喫緊の課題、そのときネットワークに求められるものは?

昨今、企業内情報システムのリスクヘッジとして、情報の分散配置、グローバル展開対応、ディザスタリカバリ(DR)など、さまざまな課題が浮かび上がってきている。その課程で問題になるのが、LANに比較してのWANの遅さだ。企業のLAN内、あるいは近接したデータセンターからのアクセスでは出てこなかった課題が、上記のように遠距離通信が必要とされる局面では大きな問題になる。

なぜ遠距離通信で問題が発生するのか?

photo
SCSK
ITエンジニアリング事業本部
エンジニアリングソリューション第1部
シニアエンジニア
森 拓也氏
 LANと比べたWANの遅さの問題は、回線を増速するだけでは解決できないケースも多い。そうしたケースで検討されるのがWAN高速化装置だ。

 さまざまな製品が市場に投入されているが、それらの多くはデータをキャッシュすることによる高速化、およびWAN内トラフィックの削減を主たる高速化技術としている。

 ただし、現在、企業で問題になることが多いケースでは、最適とはいえないこともある。1つはBCPのための遠隔バックアップニーズの増大、もう1つはグローバル経営によるネットワーク距離の拡大、最後が大容量CADデータなど、やりとりをするデータ量の増大だ。

 これらの使用用途では、下記のようなことが求められるが、既存製品ではこれらをカバーできるものは少ない。

・高速性
・製品が安価なこと
・国際回線など低品質回線への対処
・より安価なベストエフォート回線への対応

 その理由は大きく3つ考えられるとSCSKの森 拓也氏は指摘する。

この記事の続き >>
・高速性
・製品が安価なこと
・国際回線など低品質回線への対処
・より安価なベストエフォート回線への対応

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!