開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 / 日本ヒューレット・パッカード株式会社 / シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2014/09/18

開発で手一杯のIT部門、それでも運用を後回しにしない“クラウド化+自動化”のススメ

システム運用管理に関わる課題が多様化・複雑化しているなかで、クラウドサービス利用への期待が高まっている。しかし、実際に導入した企業の中には、ITコスト削減、セキュリティ向上、システム管理の簡素化といったメリットが享受されず、ユーザーの導入目的に対する期待と乖離しているケースが発生しているという。先ごろ開催された「クラウド運用のリアル課題解決セミナー」では、システム運用に求められる課題を外部要因と内部要因に分解し、システム運用現場を変革するための、クラウド化と運用自動化対策について語られた。

システム運用の改善は、開発に比べて後手に回りがち

photo
KPMGコンサルティング
シニアマネジャー
内山 公雄氏
 まず本セミナーの基調講演では、KPMGコンサルティングの内山 公雄氏が登壇し、プライベートクラウド時代のシステム運用管理の動向と今後の在り方について語った。

「システム運用に求められる要請を外部要因と内部要因に分解してみます。外部要因としてグローバル化、法規制、新技術などへの対応があり、内部要因としてはコスト削減、運用負荷の軽減、ITリソースの見える化などがあります」(内山氏)

 それらの要請に応え、日々進歩する技術に対応するために、企業のシステムは継ぎ接ぎされ、複雑な構成になっている。セキュリティ、内部統制、法規制への対応も業務を肥大化させる一因だ。

「人的資源が不足しても、システム運用は動いて当然と思われているため、システム開発に比べて運用への対策が後手に回りがちです。これらが運用の属人化や委託先への丸投げにつながり、品質を低下させる悪循環の原因になっています」(内山氏)

 そうしたなかで期待が高まるのが、クラウドサービスの活用だ。続いて内山氏は、あずさ監査法人による調査「クラウドコンピューティングサーベイ2010」について触れ、ユーザー企業がクラウドに期待している項目を挙げた。

この記事の続き >>
・運用自動化のその先へ、クラウド環境の設計・構築を自動化するには
・仮想サーバの追加にかかる時間を60%短縮させる例も

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!