開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社セールスフォース・ドットコム提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/02/16

オムニチャネル時代の競争に勝つため、いま真に求められているCRM活動とは?

日本の低成長時代に勝ち残るため、企業にとって事業収益の最大化が経営の大きなテーマとなっている。電話やメールに加えてWeb、SNS、チャット、実店舗などチャネルが多様化する今、どうすれば顧客のロイヤリティを高めて、良好な関係を保ち続けることができるのか。「コンタクトセンターCRMが顧客価値を最大化する」と題して、セールスフォース・ドットコム 飯塚 純也氏が語った。

顧客を“さばいて”管理するのが主眼だったCRM第一、第二世代

photo
セールスフォース・ドットコム
コマーシャル営業本部
サービスクラウド
飯塚 純也氏
 CRM(顧客管理)というと、多くの人はシステムの話だと考える。しかし、セールスフォース・ドットコムの飯塚 純也氏によると、これはそもそも経営手法を意味するという。なぜ、日本でCRMといえばシステムを意味することになったのか。同氏は日本におけるCRM導入の歴史を振り返るところから話を始めた。

 第一の時代は1990年代、まだバブルの余韻も残り、高機能、多機能製品が全盛期で、顧客は疑問を解消するために企業に連絡を取った。その主要な手段は電話で、そのために企業の受付窓口は“コールセンター”と呼ばれ、そこでは電話交換機やインシデント管理システムを駆使して、適切な答えを返して多くの電話を“さばく”ことに重きが置かれた。

 2000年代に入って、日本はデフレの時代を迎える。モノが売れない時代を迎えて、企業は顧客中心に考えるようになったが、ここでいうCRMはいわゆる販売管理システムだった。チャネルがFAX、メールなど多様化し、対応窓口は“コンタクトセンター”と名称が変化したものの、重要だったのは“誰が何をいつどれだけ買ったか”という購買履歴を把握することだった。

 しかし、それは十分ではなかった、と飯塚氏は語る。

この記事の続き >>
    真に求められているCRM活動を実現するためには?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!