開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/05/24

セキュリティ人材不足待ったなし――企業の「セキュリティ運用」は誰がすべきなのか

サイバーセキュリティ対策は企業にとっての経営課題と認識され、セキュリティインシデントに対応するためのSOCやCSIRTといった組織的な仕組み作りの重要性が叫ばれている。しかし、これを実現するのは容易ではない。経済産業省によれば、2020年には約19.3万人のセキュリティ人材が不足すると試算されており、人材確保、有効活用が大きなカギを握る。企業はいかにして、セキュリティ運用を最適化していけばよいのだろうか。

photo
セキュリティ人材が不足する中で、企業のセキュリティ運用はどうすれば最適化できるのか
(© Monet – Fotolia)


セキュリティ人材の確保が難しい2つの理由

photo
SCSK
ITマネジメント事業部門
netXデータセンター事業本部
セキュリティサービス部
シニアプロフェッショナル コンサルタント
佐藤 直之 氏
 SCSK主催のセミナー「セキュリティ人材が不足する中で、SOC/CSIRTを運用するには」に登壇したSCSK セキュリティサービス部 シニアプロフェッショナル コンサルタントの佐藤 直之 氏は、社内のセキュリティ人材の確保が難しい理由として、「育成」と「キャリアパス」の2つを指摘した。

「サイバーセキュリティ対策に必要なスキルは日々更新されていくため、社内でセキュリティ人材を育成し、さらにそれを評価することが難しいのです。また多くの企業では、セキュリティ人材のキャリアパスへの対応が遅れており、せっかく育成した人材が外部に流出してしまい、スキルの維持が難しくなってしまうこともあります」(佐藤氏)

 こうした課題を踏まえ、セキュリティ運用を最適化するためには「業務・機能」と「責任・役割」の2つの視点で検討するのが有効だ。

 佐藤氏は、日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)が公開する4つの領域を示し、セキュリティ対応における「業務・機能」についてポイントを紹介した。

画像
業務・機能の視点で、整理した役割

自社で実施すべきセキュリティ運用を見極めるポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!