開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/08/20

AWS、Azure、オンプレも… “ごった煮”のIT環境、運用管理者はどう立ち向かうべき?

企業のクラウド活用が、今後、さらに拡大するのは間違いない。特に最近は、基幹システムのパブリッククラウド移行も話題になりはじめた。また、複数のクラウドを使い分けるマルチクラウドも注目されている。ただし、それによって既存のシステムがなくなってしまうわけではない。その結果、新旧さまざまなシステム、物理/仮想、オンプレミス/クラウド、複数のクラウドが混在し、ITシステム全体はますます複雑化している。そこで問題になるのが運用だ。“ごった煮”化が進むIT環境を適切に運用するために、今企業が考えるべきことは何だろうか。

photo
“ごった煮”が進むIT環境、運用管理者は「泣き寝入り」するしかないのか?

アイデアをいち早く具現化するために、IT運用も「守り」から「攻め」へ

 新しいテクノロジーが次々と登場し、グローバル競争が激化する今、“アイデアを具現化するスピード”がますます重要になっている。既存ビジネスの変革や新規ビジネスにつながるアイデアがあればすぐに検証し、可能性があれば投資を拡大して、低ければ早期撤退して次のアイデアの具現化を急ぐ。いまや、多くの企業が、厳しい競争に勝ち抜くため、こうしたサイクルを高速に回すことに注力している。

 したがって、検証のたびにサーバを立て、OSをインストールして……とやっていたら、今のビジネスのスピードにはとても間に合わない。しかも、最初は投資対効果が分からないため、スモールスタートしたい。となると、多くの企業がパブリッククラウドに向かうのは、自然な成り行きといえるだろう。

 こうした中、その役割を大きく変えつつあるのが、ITシステムの運用だ。従来は、安定稼働を最優先に求められていた運用担当者は、DevOpsに代表されるように、開発と連携することを求められるようになってきた。

 さらに、AIやIoTの取り組みも運用担当者の役割を変えつつある。AIやIoTに不可欠な社内に蓄積された膨大なデータのことを最も知っているのは、運用担当者だからだ。たとえば、生産機械のデータやサーバのログを活用しようと思っても、運用担当者がいなければデータを取得することも困難だろう。

運用管理者の負担は増え、やがて限界を迎えるのは明らか

 つまり、これまでずっと裏方だった運用担当者は、ビジネスの“表舞台”での活躍を求められつつあるのである。

 ただし、仮想化やクラウドの登場で、システム運用が複雑になっているのも事実だ。オンプレミス、クラウドにまたがった新旧さまざまなシステムを運用しながら、ビジネスの表舞台での活躍も求められているのが、現在の運用担当者の置かれている立場だといえるだろう。

 こうした状況では、既存のシステム運用が、やがて限界を迎えるのは明らかだ。では、企業はどのような対策をとればよいのか。

この記事の続き >>
・新旧さまざまな「ごった煮IT環境」には『面』での運用が効果的
・パブリッククラウドの課金管理やユーザー視点の監視、DevOps支援などを提供
・古いシステムも熟知し、製造、金融、通信など幅広い導入実績

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!