開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社プレイド提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/06/19

「空回り」せず、顧客体験(CX)を企業戦略に落とし込んでいく方法

近年、急速に注目を集めているキーワードが「カスタマー・エクスペリエンス(CX)」である。「顧客体験」と訳されるCXは、これからの企業が最も重視すべきテーマとなりつつある。ただし、「CXとは何か」を十分に議論・認識せず「CXの向上」に取り組んでいる企業も少なくない。ではどうすれば良いのか──。自身の経験を基に昨秋『CX戦略』を著した野村総合研究所 田中達雄氏と、CXプラットフォーム「KARTE」を提供するプレイドの代表 倉橋健太氏に「CXの本質」を聞いた。

photo
「顧客体験」は単なるバズワード(流行り言葉)ではない。対談の中で見えてきた、その本質とは

空回りする日本企業のCX戦略

──最近はCXへの注目が高まり、「CXの向上」を経営課題として取り組む企業が増えてきました。こうした現状についてどう見ていますか。
photo
野村総合研究所
上級研究員
金融DXビジネスデザイン部
田中 達雄氏


田中氏:たしかにCXに取り組んでいるという企業は増えていますね。日本では、ロレアル、リクシル、マツダ、カルビー、メットライフ生命、ソニー損保、SMBC日興証券……などが取り組まれています。しかし、こうした大企業でさえも全社的・組織的に取り組めている企業は多くはありません。

 たとえば、最近、顧客ロイヤルティ指標の1つであるネットプロモータースコア(NPS®)を採用する企業が増えているようですが、従来の顧客満足度調査をNPS®調査に替えるだけではCXは向上しません。顧客接点での顧客体験をいち早く調査して、顧客へフィードバック(CXの専門用語で「クローズドループ」と呼ぶ)する必要があります。

 また、カスタマー・ジャーニーを書くことや割引クーポンを配布したり、商品のレコメンドをしたりすることがCXだと考えている方もいます。企業は「CXとは何か」「CXを企業の経営に生かすとはどういうことなのか」といったことを徹底的に議論するともに、正しく認識すること、マインドセットを変えることから始めなければならないのです。

photo
プレイド
代表取締役
倉橋 健太氏
倉橋氏:今後、世界中のサービスがボーダーレスに流通していくと、1人の消費者がタッチポイントを持てるサービスの総量は増加します。その結果、サービス提供側は、その中から選んでもらうというシビアな競争にさらされます。そのとき重要なのが、簡単に模倣できない優位性や価値が、サービスや事業に内包されているかどうかです。そこでキーとなるのがCXなのですが、AIやボットなどのテクノロジー主導で考えてしまう"手段の目的化"に陥る企業は少なくありません。そこは、経営がしっかりかじ取りする必要があると思います。

田中氏:倉橋さんが指摘されたことは、いろいろなところで起きています。たとえば、昨年、ある企業が「女性から支持される」ことを目標に、スマホのさらなる活用を検討したことがあります。当時、疑問に思ったのは、「なぜ、スマホありきなのか」ということでした。本来は「女性に支持されるとはどういうことか」を徹底的に調べたり、考えたりして、スマホが必要になれば、そのとき活用を考えれば良いのに、発想が逆になっていたのです。

倉橋氏:似たことは非常に多いですね。企業として取り組んでいないとマズいので取り組む。もしくは、同業他社が取り組んでいるのでウチも、というケースは少なくないと感じます。顧客を蚊帳の外に置いたこうした競争は、あまり本質的でありません。これまで、こうした競争があまりに多かったため、その揺り戻しとしてCXに注目が集まっているという見方もできるかもしれませんね。

「CXの向上」=「利益の向上」になるのか

──企業はCXに取り組む際、どのようなKPIを定めるべきなのでしょうか。

この記事の続き >>
・顧客ロイヤルティと株価には正の相関がある!?
・CXでまず手を付けるべきは「〇〇〇」
・CXに不可欠なのは原点回帰

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!