開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社インテック提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/09/17

相次ぐ「情報漏えい」「不正アクセス」、次はあなたの会社かも

国が推進するキャッシュレス化や2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2025年の大阪万博を背景に、新サービスが次々とリリースされている。その一方で、サービスリリースのスピードを高めるために、セキュリティ対策がおろそかになっているケースも見受けられる。気づかない間に、企業が陥ってしまうセキュリティリスクとは何か。対策も含めて整理した。

画像
昨今のセキュリティ事故は本当に「対岸の火事」なのか?
(©pagnacco - Fotolia)

スピードと同時に、セキュリティも求められる

 いま、多くの企業がデジタル技術を活用してビジネスの変革に取り組んでいる。そこで重視されるのは「スピード」だ。いち早くサービスをリリースし、利用者の反応を見ながら改善していく。「Fail Fast(フェイルファースト)」のかけ声のもと、失敗を恐れず新しいことにチャレンジする企業が増えている。

 しかし、ことセキュリティに関しては、1回の失敗がすべてを台無しにすることもある。本当にそれでも「ウチは大丈夫」「ウチは関係ない」と耳をふさいでいられるだろうか。

 たとえば現在、事業部門が主体となって、Webサービスやモバイルアプリを開発・運用している企業が増えている。部門によって開発パートナーが異なることも珍しくない中、一貫したセキュリティを担保することはできているだろうか。また、現在のWebサービスやモバイルアプリは、APIでほかのシステムとバックグラウンドで連携している。その連携部分のセキュリティは、誰が保証するのだろうか。

 こうした状況を冷静に見渡せば、情報漏えい事故を他人事といえる企業はほとんどないはずだ。2020年には東京オリンピック・パラリンピック、2025年には大阪万博を控え、それに応じてサイバー攻撃も増加すると言われる。ではこの厳しい状況に、企業はどう対処すればよいのだろうか。

この記事の続き >>
・社外のセキュリティサービスを使うという選択肢
・一貫したセキュリティポリシーの重要性
・極めて重大な問題には、サービスクローズの決断も

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!