開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/03/23

DXに欠かせない“たった1つ”の戦略とは? ITインフラ管理の複雑さに悩んだら

多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる。一方で、日々進化するビジネス要件に対応しデータ活用をさらに進めていくために、企業が導入するテクノロジーはますます複雑化している。そこで、ITインフラの複雑性を解消するために注目されるのが「インテリジェンス」だ。DX成功のために欠かせない「インテリジェントデータ戦略」について解説しよう。

photo
DXを成功に導く「インテリジェントデータプラットフォーム」の最新動向とは?
(Photo/Getty Images)

データ活用インフラに求められる「インテリジェンス」とは

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が叫ばれるなか、戦略的にデータを最大限に活用した企業は、ビジネスにおいても成功していることがIDCの調査で明らかになった。

 日々進化するビジネス要件に、企業が対応するには、高い処理性能や可用性、スケーラビリティ、アジリティといった要求事項を満たすソリッドステートストレージや人工知能(AI)/機械学習(ML)、ソフトウェア定義(SDx)テクノロジーやクラウドなどの新たなテクノロジーの導入が必要だ。

 しかし、これらのテクノロジーによってITインフラ管理の複雑性は増す一方であり、従来の人手に頼った管理方法では対処できないことは明白だ。

 そこで求められるのが「インテリジェンス」だ。IDCでは、効率的かつ費用対効果の高いITインフラストラクチャ管理の鍵となるのは、AI/MLおよびビッグデータ分析を活用した包括的な監視機能と、必要に応じて人間による監視を可能にする自動化/オーケストレーションが組み合わされた「インテリジェントデータプラットフォーム」だと提言している。

 DXを成功に導き、インフラストラクチャのモダナイズを目指すには、いかに「インテリジェントデータ戦略」が重要となるか、具体的にどのようなインテリジェントデータプラットフォーム製品/サービスがあるのか解説しよう。

photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!