開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

DXCテクノロジー・ジャパン提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/04/17

欧州製造業の大規模開発に見るDX成功の秘訣

デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉が当たり前になってから久しい。通信やオンラインなどの新しい業態がビジネスやサービスをデジタル化する姿は容易に思い浮かぶが、古くから続く産業や重厚長大な製造業がDXの取り組みに悩むケースは多い。そこで今回はヨーロッパの基幹産業である自動車や航空機メーカーにおけるソフトウェア開発の取り組みからDX推進ポイントを見て行く。

photo
オンラインでインタビューに答える
マイクロフォーカス
デビッド ランズバーグ氏(Head of ADM Customer Success)

「産業がソフトウェア化」した世界で明らかになった課題

 「あらゆる企業はソフトウェア企業になる」と2011年に予言したマーク アンドリーセン(Netscape Navigatorの開発者)氏の言葉は9年後の現在、本当に現実化したと言えるだろう。いまや世界中の企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組み、あらゆる領域でソフトウェアの重要性が増している。

 先述のように自動車のような巨大産業においても、プロダクトの開発設計段階からソフトウェアが欠かせなくなっている。自動運転技術のような自動車の機能をソフトウェアが支えるだけではなく、自動車の開発や試作段階からソフトウェアが活用されて「より早いものづくり」と「質の高いものづくり」が実現されている。

 ITプロジェクトと同じように機能が増えるにも関わらず完成までに許される時間は短くなり、初搭載の機能であっても高い品質が市場からは求められる。新機能追加による付加価値の増加、ライバルより短い市場投入までの時間、さらに高い品質が最重要命題であるものづくりを、欧州の著名な製造業はどう取り組んでいるのだろうか。

 それらの企業がソフトウェアによって得たのは効率向上だけではなく、自動車や航空機という先進技術の塊であるプロダクトを作る数万人単位の共同作業基盤と、かつてなく高度な管理を実現する仕組みだった。

 しかしながら国内においてDXを採用し、数万人規模でものづくりに成功した実例はかなり少ないのではないだろうか。彼らは私たちの取り組みと何が違うのか?

 本編ではDXを支える日本のアプリケーション開発の姿を振り返ったうえで、ヨーロッパの自動車開発と航空機開発におけるソフトウェアの貢献の一端とその環境を手軽に利用するための手法について、最前線で顧客を成功に導いているデビッド ランズバーグ氏の見解を紹介、「日本でDXを実現する方法」について識者が解説する。

この記事の続き >>
・欧米と比較したALM活用度の違い
・DXCのTesting as a ServiceがDXを加速
・デジタル化後の競争力とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!