開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/06/29

究極のパーソナライズが生産性向上のカギ、今こそ「従業員エクスペリエンス」を追求せよ

企業の競争戦略を語るうえで、欠かせないキーワードとなったデジタルトランスフォーメーション(DX)。今、競争優位性を高めるためにDXと同等に重要となるのが「ユーザーエクスペリエンス(UX)」だという。UXは、BtoCのみに有効な概念というわけではない。ここでは、企業内におけるUX、すなわち「従業員エクスペリエンス」を向上し、企業全体の生産性を高めるIT活用術を紹介する。

photo
従業員エクスペリエンスを徹底する企業が強い理由
(Photo/Getty Images)

従業員エクスペリエンスもDXの一部

 デジタルトランスフォーメーション(DX)は、今やすべての日本企業にとって必須の経営課題である。データの活用はDXの重要な柱の1つで、可視化して、データを収集して分析を行い、今まで見えてこなかった新しい事実を浮き彫りにし、そこから洞察を得て新しいビジネスの開発や、さらなる改善につなげていく。このサイクルがあってこそデジタルトランスフォーメーションを成しえる。

 近年、企業競争力を高めるためにDXが注目されているが、このDXと同じぐらい、競争優位性のカギとなるのが、「“企業内”ユーザーエクスペリエンス(=従業員エクスペリエンス)」だという。ユーザーエクスペリエンス(UX)は、顧客が快適で感動的な体験を受けることによって、製品やサービスに愛着感を抱き、その結果、企業と顧客が長きにわたって良好な関係を築いていく概念だ。

 この概念が“企業内”においても重要と言えるのは、生産性に直結しているからだ。これまで、日本企業は部門をまたがる人事異動を行ってきたが、今後は多くの外資系企業のように、成果主義であらゆる部門が高度に専門化され、組織の縦割り化は進むと考えられる。

 しかし、縦割りになれば組織がその中で閉鎖的になってしまい、壁が生じて部門間の情報共有が難しくなってしまう。ビジネスは一部門では成しえないため、このような断絶は、企業の成長を阻む大きな敵となるのだ。

この記事の続き >>
・侮れない情報共有の重要性
・従業員エクスペリエンスを徹底追求したデジタルワークスペース
・効率的に最適解を導く、データ分析と可視化
・テレワークでも生産性の高い環境は実現できる

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!