開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ニュータニックス・ジャパン合同会社、株式会社日立製作所提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/07/31

柔軟・機敏なビジネスを妨げるクサリは何だ?インフラの運用管理負荷を軽くする方法

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、経済の先行きが不透明な今、「運用管理コスト」が重くのしかかる従来型のITインフラが大きな足かせとなっていないだろうか。最小限の工数で効率的な運用体制を実現できるITインフラが構築できれば、今求められるテレワークでも効率的に業務をこなすことができるはずだ。

画像
IT運用者の負荷を軽減するITインフラを素早く構築するには
(Photo/Getty Images)

レガシーなITインフラを抱える企業の課題

 近年の急速な市場変化に対応するために、企業には柔軟なIT基盤がより必要となっている。その解決策として、クラウドは1つの有力な選択肢だ。しかし、セキュリティや社内システム連携、パフォーマンス等を考えると、オンプレミスでなければならないシステムも数多く残っているだろう。

 しかし、このオンプレミスを中心としたシステムが、古いまま放置されてはいないだろうか?

 企業の中には、従来のアーキテクチャで作られたシステムが老朽化・複雑化してブラックボックス化し、さらにその結果としてリプレースが困難になり、非効率な運用と膨大なコスト負荷を余儀なくされている。これは、経済産業省が発表した「DXレポート」の中でも“2025年の崖”を招く要因の1つとして問題視されている。

 このようなレガシーな環境では、当然ながら迅速なシステムの構築も拡張もできなければ柔軟なITインフラリソースの確保も困難となる。結果としてAIやIoTなどの最新技術を活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する際の大きな足かせになってしまうのだ。

 そして、直近のもう1つの大きな課題が新型コロナウイルスの感染拡大である。経済活動に大きな打撃を与えているのはもちろんだが、ワークスタイルにも大きな変化をもたらした。

 在宅勤務を前提とした働き方の見直しが各所で行われている現在では、改めて既存のシステムの運用管理性を見直すべきだ。複雑化した従来のシステムでは、予測不可能な事態に限られた人員で柔軟かつスムーズに対応できなくなってしまう。

 では、レガシーなITインフラから、運用管理性の高いインフラへと迅速かつ低負荷で移行するために、どのような手立てを打てば良いのだろうか。

この記事の続き >>
・レガシーITインフラの移行先として「HCI」はアリか?
・HCI導入に立ちはだかるギャップとその解決策
・新たなIT基盤の最適な活用方法と運用負担軽減の“答え”とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!