開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社イグアス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/05

加速するDXで鍵を握る「データ活用」、立ちはだかる「3つの壁」の乗り越え方

新型コロナウイルス感染症の流行は、人々の行動様式を大きく変え企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速し、働き方も大きく変えてしまった。「モノ」に加えて「ヒト」も常時接続されるこれからの社会では、あらゆる時間や場所、環境で膨大なデータが生み出され続けることになる。そうした中で、データをビジネスにとって価値あるものへと昇華させるためには、何に取り組んでいけばよいのだろうか。

photo
企業のデジタル戦略の足を引っ張っているのは何か?
(Photo/Getty Images)

アフターコロナの時代に加速するDX、さらに重要性を増すデータ

 2020年は「5G時代」の幕が開け、IoTによる「モノの常時接続」が急拡大し、新たなフェーズに入った年だ。加えて新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、さまざまな業種業態に一気にテレワークが浸透するなど、「ヒトの常時接続」も目まぐるしい勢いで進みつつある。

 近年動き始めていたデジタルトランスフォーメーション(DX)も、より加速している。ビジネスのデジタル化の必要性を、以前より強く感じている企業も多いはずだ。

 DXを進める上で、大前提となるのが「データ活用」である。デジタル化で増え続けるデータをいかにビジネスに落とし込むかが、トランスフォーメーションを果たす上で大きな鍵となるからだ。しかし、その活用基盤を整えるのは簡単ではない。それは大きく「3つの壁」が立ちふさがるからだ。

 その壁の1つ目が「質と量のバランス」だ。日々大量のデータが生成され続ける中で、ストレージの増設費用やデータ通信の回線費用など、データ量に比例してコストが増えていないだろうか?

 2つ目は「データ連携をどうするか」という問題だ。オンプレミスのプライベートクラウドと複数のパブリッククラウドが混在するハイブリッド・マルチクラウド環境がますます一般的になる中で、データのサイロ化は大きな課題となる。

 そして3つ目が「リモートワーク下でどう運用管理するか」という課題である。災害やパンデミックによって出社が困難になったときも、遠隔地から柔軟かつ容易に運用管理できるITインフラの整備が急務となっている。

 企業のデータ活用、ひいてはデジタル戦略全体の阻害要因となるこれらの壁を、どう乗り越えていけば良いのだろうか。

この記事の続き >>
・質と量のバランスを実現する「データ保存の自動階層化」とは?
・クラウドを前提にした「ストレージ仮想化」がデータ連携の鍵
・リモートワーク時代のストレージ管理のあり方

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!