開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ゼットスケーラー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/11

【テレワーク“再”入門】田澤由利氏とグローバル動向から学ぶ、これからの職場改革

新型コロナウイルス対策として進む「テレワーク」だが、導入~定着には課題も多い。その課題を、緊急事態宣言下でテレワークを実施してみて実際に感じた企業も多いのではないだろうか。テレワークならではの不便さを理解した上で、意識や制度の改革、そして最大の懸念であるセキュリティ対策はどうすべきか。企業へのテレワーク導入支援や国・自治体へのテレワーク普及を2008年から行ってきたテレワークマネジメント代表 田澤由利氏が、ゼットスケーラー社 下平 中氏と「これからのテレワーク」を議論した。

画像
不便さを理解した上で、これからどうテレワークを進めていくべきか
(Photo/Getty Images)

1年で3倍に増えたテレワーク、今後はグローバル標準の働き方へ

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、人との接触を避けるためのテレワークが急速に広がっている。テレワークマネジメントで代表取締役を務める田澤 由利氏はデータを用い、その変化について言及する。

photo
テレワークマネジメント 代表取締役
ワイズスタッフ 代表取締役
田澤 由利氏

 総務省の「令和元年 通信利用動向調査」によると、自宅やサテライトオフィス、移動先などで仕事をするテレワーク制度の導入企業は、調査を実施した2019年9月時点で約2割、在宅勤務の制度導入は、その半分の1割ほどだった。

 だが緊急事態宣言後の2020年5月下旬に内閣府が行った調査では、何らかの形でテレワークを経験済みの就業者は34.6%に達した。「1年も経ないうちに、利用者は3倍以上も増加したのです」と田澤氏は話す。

photo
ゼットスケーラー
リージョナルセールスマネージャ
下平 中氏
 しかも、こうした状況は一過性のものではなさそうだ。ゼットスケーラーのリージョナルセールスマネージャを務める下平 中氏は次のように説明する。

「フォーチュン500(米フォーチュン誌が発行する、総収入に基づいた全米上位500社リスト)へのアンケート調査では、CEOの26.2%が、今後、以前の通常業務に戻ることはないと回答しています。テレワークがニューノーマル時代の働き方に組み込まれることは、グローバルにおいても確実な状況です」

 ただし、長らく根付いた働き方の見直しは簡単ではない。これまで整備してきた各種制度や業務を支える技術、さらに従業員の意識まで変革することが求められるからだ。

この記事の続き >>
・テレワークで「職場の3要素」の課題が一気に噴出
・社員が不便さを理解した今こそ、テレワーク推進の“好機”
・オンプレミス型セキュリティ対策の課題を抜本解決する仕組み
・コロナ禍でも実績、1万2000人のテレワーク環境をわずか2週間で整備

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!