開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

JBCC株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/10/28

ハイブリッドクラウドの“運用疲れ”は解消できる、クラウド基盤の見極めポイントとは

コロナ禍を契機としたテレワークシフトで、IaaS、PaaS基盤としてのクラウドに改めてスポットライトが当たっている。クラウド移行は今や時代の潮流だ。しかし、オンプレミスで運用せざるを得ないシステムもあるため、現時点での“現実解”はオンプレミスとクラウドを併用する「ハイブリッドクラウド」となるだろう。ここで求められるのは、2つの環境をどのようにして負担なく運用管理していくかだ。「一元管理」というキーワードから最新ソリューションを追いかけた。

photo
ハイブリッドクラウドの運用で疲弊しないためのポイントとは
(Photo/Getty Images)

現実解は「ハイブリッドクラウド」、だけど負担は増やしたくない

 コロナ禍をきっかけとして一気にテレワークシフトを進めたという企業は多いだろう。ここで改めてスポットライトを浴びることになったのが、IaaS、PaaSとしてのクラウドだ。

 これまで多くの企業がVPN接続でテレワークに対応していたが、今回、テレワークユーザーが全社規模に広がったため、帯域ひっ迫によるシステム遅延が発生するケースが多くみられた。このような背景から「もっとクラウドインフラを活用すればこんなストレスに耐えなくても済むのではないか?」と考え、特にこの半年で、システム構築においてクラウドを選択肢の筆頭として検討する企業は増えているという。

 しかし、現実には壁が存在する。たとえば企業には、CADシステムなど非常に高いレスポンスが要求されるシステムや、格納情報の特性上クラウドに載せることがはばかられるシステム、クラウド上ではサポートされないシステムなどがある。また、移行後のコスト負担や、移行作業、クラウド特有のスキルへの懸念などもクラウド移行の障壁として挙げられる。

 そのため、現時点における最も有力な現実解は「ハイブリッドクラウド」となるだろう。すべてをクラウドに移すのでなく、オンプレミスシステムとクラウド、適材適所で双方の利点を生かすのである。

 そうなると、ここで気になるのは「どうすれば親和性の高いハイブリッドクラウドが構築できるか」だ。両者を並立するのなら、システム開発や運用管理の負荷が倍増するのは目に見えている。だが、ITはたゆみなく進化する。両者を一元管理できるという解決策がついに登場した。

この記事の続き >>
・Windows特化型HCIならAzureと親和性の高いオンプレミス環境が構築可能
・中小企業も手が届くHCI、サーバ統合やクラウド志向企業におすすめ
・既存のWindows投資やWindowsスキルを最大限生かせる

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!