開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/22

紙の業務を徹底効率化!「RPA×AI-OCR」の組み合わせがリモートワークに“効く”理由

新型コロナの収束がいまだ見通せない中、企業のさらなる変化を乗り越える対応力が強く求められている。その策として企業で利用が広がっているのが、時間や場所を問わない働き方を実現するためのリモートワークだ。ただし、リモートワークには紙書類を利用するなど、不向きな業務も実のところ少なくなく、出社が強いられる社員もいまだ数多い。この状況の打開に向け、注目を集めるのがRPAとAI-OCRを組み合わせて活用する方法だ。

photo
なぜRPAとAI-OCRの組み合わせがリモートワークの生産性向上に効果的なのか?
(Photo/Getty Images)

ニューノーマルで必要とされる“柔軟”さ

 新型コロナを機に社会はかつてない変化に見舞われている。国内だけを見ても緊急事態宣言が発令された4月以降、人の移動や行動が大きく制限され、結果、経済が大きく落ち込んだ。そこからの復興に向け、緊急事態宣言の解除後は各種保障や救済措置が相次ぎ実施され、現在、経済/社会構造の改革と、それを支える新たな常識となるニューノーマルの定着が進みつつある。

 もっとも、新型コロナの収束がいまだ見通せず、企業には今後のさらなる変化を見据えた対応力の強化が求められている。そのための不可欠な要素の1つに位置付けられるのが、時間や場所を問わない多様な働き方を可能とするリモートワークだ。すでに先進企業ではニューノーマルの一環としてリモートワークを前提とする働き方が根付きつつある。

 ただし、リモートワークの実施に手間取る企業も少なくない。「紙文書の処理で出社が強いられる」「既存の仕事の進め方に合致しない」など、理由はいくつも指摘されている。

 それらの課題解消に向けた策として今注目を集めるのが、「RPA(Robotic Process Automation)」と「AI-OCR」を組み合わせる方法だ。一般にRPAはオフィスの工数削減ツールと捉えられ、すでに多くの企業で実績を上げている。そこにAI(人工知能)技術を活用して精度を高めたOCRを組み合わせることで、リモートワークの課題がどのように解消されるのだろうか。

この記事の続き >>
・「RPA×AI-OCR」でリモートワーク可能な業務が一気に拡大する
・選ぶべきRPAと、選ぶべきAI-OCRは?
・【事例】清水建設は工数を約半分に削減、帝人はリモートワーク下のサポート体制を高く評価

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!