開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社オージス総研提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/20

複雑なオンプレ・クラウドの混在環境、7500時間を削減した運用負荷軽減の方法とは?

ここ数年、企業内の既存のITインフラとパブリッククラウドを使い分ける動きが広がる中、利用するサービスも使い分ける、いわゆる「ハイブリッド・マルチクラウド」の環境が浸透してきた。しかし、この環境に熟知した人材は少なく「運用がスムーズにいかない」といった悩みを抱える企業は少なくない。このような課題に対し、どのような解決策があるだろうか。

画像
複雑なハイブリッドマルチクラウド環境の運用業務、詳しい人材無しで効率化する方法はあるのか
(Photo/Getty Images)
 

ハイブリッド・マルチクラウド環境を支える人材確保は極めて困難

 システムインフラの世界では、クラウドへのリフト&シフトが進みつつある。一般的に、クラウド移行に伴い企業のシステム運用のスタイルは変化する。過渡期には、オンプレミスとクラウドの両方が社内に存在し(ハイブリッドクラウド)、また利用するクラウドサービスも適材適所であらゆる種類を活用する(マルチクラウド)、いわゆる「ハイブリッド・マルチクラウド」の環境になる。

 しかし、このハイブリッド・マルチクラウド環境は運用業務が複雑になりやすい。そのため、企業にとっては統合運用管理に切り替える、または完全なクラウド移行を早期に実現することなどが望ましい。その際、移行作業をスムーズに進めるには、オンプレミスとクラウド、双方の環境に習熟した人材が必要になってくる。

 とはいえ、そうした人材は少なく、新規採用も容易ではない。それでは、クラウドへのリフト&シフトを進める際の複雑化する運用業務を誰に任せれば良いのだろうか。

この記事の続き >>
・最終的に目指すべきはAIによる無人オペレーション
・事例:7500時間の運用工数を削減、定型作業は2.5万件が自動化
・AWS認定パートナー として提供される分析サービス

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!