開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

KIT虎ノ門大学院提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/10

なぜ今AIを学ぶべきなのか? 始まった「AIの民主化」に適応するための“学び方”を解説

最近は従来のパラダイムを変革するような新しいテクノロジーが次々と生まれている。AI(人工知能)もその1つだ。すでに画像認識では人間を超える精度を達成し、さまざまな分野で活用が始まっている。ただし、一般のビジネスパーソンが手軽にAIを学べる場は、まだ多くはない。一方で「仕事でAIを役立てたい」と考えている意欲のあるビジネスパーソンは着実に増えている。その要望に応えるには、どうすればよいのだろうか。

photo
ビジネスパーソンがAIを学ぶべき理由とその方法とは。KIT虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科の村上 敏也 氏、野田 晴義 氏、槌野 浩 氏に聞いた

いま、ビジネスパーソンが「AI」を学ぶべき理由とは?

 AIの進化は目覚ましい。ディープラーニングという技術的なブレイクスルーによって「第3次AIブーム」が起き、現在はAIに関するさまざまな製品やサービスが登場するまでになった。また、AIを中核技術とする新興企業も世界中で誕生し、さまざまな分野でイノベーションを牽引している。

 ただし、一般企業の経営者やビジネスリーダーにとって重要なことは「AIが幻滅期に入ったことです」と述べるのは、KIT虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科 教授 村上 敏也氏である。

画像
KIT虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科
教授、博士(経営学)
村上 敏也 氏

「現在、AIに対する過度な期待はそのメッキが剥がれ落ち、AI活用のためのツールが増えたため、いよいよ現場での実用的活用が始まっています。AIが一部の企業や特別なスキルを持った人のものから、一般の人達の手に渡って活用される"AIの民主化"が始まるのです」(村上氏)

 とはいっても、これまでAIに触れたことがなければ、活用のイメージも湧かない。そこで重要になるのが「データ活用」の文脈でAIをとらえることだ。企業経営者やビジネスリーダーは、AIの研究者になる必要はない。自らのビジネスの中で、どうやってAIを活用するのか、特に「データ活用」でいかにAIを利用するかが重要になる。

「データを実務に生かすという観点からAIをとらえると、技術そのものより、むしろどうやってデータをAIで分析して現場の人達と幸せになっていくかという視点が重要です。それはマネジメントまたはリーダーシップそのものなのです」(村上氏)

 さらに、村上氏は「現在はPCの黎明期に似ている」と次のように述べる。

「私は学生時代からITベンチャーを経験してきました。当時はWindows 3.1が登場してPCが普及を始めた時代です。PCを手に入れて活用した人々が大きく生産性を伸ばし、そうでない人々との格差が拡大しました。いま、AIで同じことが起きていると感じます。実務の中でAIやデータを手に入れて活用できるかどうかで、大きな差が開くのではないでしょうか」(村上氏)

 経営者やビジネスリーダーだけでなく、ビジネスパーソンにとってもAIを学ぶべき理由は分かった。ではAIの「何を」「どのように」学ぶべきなのだろうか。

この記事の続き >>
・理論家でも専門家でもない、業務・ビジネスでAIを活用できる人材を育成
・実務に直結、「AIによるデータ活用人材」を育てる3つの科目
・1科目からの受講も可能、AIに関心を持つビジネスパーソンに広く門戸を開放

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!