開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

LINE株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/02

DXのカギはLINE?「ユーザーに優しい」AI技術の取り入れ方

コロナ禍による新しい働き方へ対応するため、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が急速に進んでいる。とはいえ、単なる自社内の業務プロセスの効率化だけにとどまるのではなく、顧客に対して高いユーザー体験を提供するためのデジタル改革も同時に進めていかなければならない。こうした課題に応える解決策の1つが「AI技術」である。生活者の日常の中にAIを融け込ませるには、どうすればよいのだろうか。

photo
ユーザーに優しいインターフェースで提供されるAI技術がDXのカギを握る
(Photo/Getty Images)

AIを自然に取り入れるには?

 少子高齢化や労働人口の減少といった課題を抱える中で、日本では未来社会のコンセプトとして、最新技術を活用したイノベーションを創出して課題解決できる新たな社会を「Society 5.0」と打ち出し、サイバー空間と現実空間の融合を目指している。デジタル技術の重要性は言うまでもないが、それを効果的に取り入れている企業は必ずしも多くない。経済産業省が2020年12月に発表した「DXレポート2」によると、DXにいまだに着手できていない企業は9割以上にも及ぶという。

 デジタル技術を上手に活用できているのは一部の企業だが、くしくもコロナ禍によって状況は一変している。Web会議を用いたコミュニケーション手段の刷新や、ペーパーレス化・電子決済の導入も加速している。これに呼応して、技術的な観点からは、AIなどを活用した自動化の仕組みが数々と登場している。

 だが、こうしたAIを実際に業務に適用していくにはどうすれば良いのだろうか。高度な技術である一方で、既存の業務に組み込んでその恩恵を受けるのはそう簡単なことではない。そこでデジタル化のもう1つの鍵となるのがスマートフォンである。大多数の国民が日常的に使用し、コンシューマーのサービスだけでなく、企業の業務効率化にもはや不可欠の存在だ。

 前述したAI活用は、スマートフォンはもちろん、そのデバイス上で使用されるメッセージングアプリと融合することで、従来の業務を飛躍的に向上できる可能性を秘めている。具体的にどのようなことができるのか。すでに多くの場面で利用されている事例を見てみよう。

この記事の続き >>
・LINEがデジタル変革のカギに!「世界No.1」獲得のAI技術
・賢いAIがユーザー体験を一新、スマホのみで業務が完結
・プラットフォームとしてのLINEがDXの近道に

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!