開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/06/07

ニューノーマル時代の“リモートなIT開発/運用”、どう実現する?

新型コロナウイルスは、多くの企業のビジネス環境を一変させました。働き方にも業務にもリモートが取り入られる中、ITシステムの開発/運用も例外ではありません。とはいえ、現代の複雑化したITシステムにおいて、ネットワークやセキュリティを考慮しながらリモート化を進めるのはとても困難です。そこで本記事では、ニューノーマル時代で必須となった「IT開発/運用のリモート化」をいかに実現するかを解説します。

photo
ニューノーマルに適応したIT開発/運用のプラットフォームとは?
(Photo/Getty Images)

ITシステムの開発/運用についてもリモート対応への転換が進む

 新型コロナ禍で加速するニューノーマル社会への移行。あらゆる業界でリモートに対応した業務スタイルへの切り替えが進む中、企業におけるITシステムの開発/運用についてもオンサイト中心からリモート対応への転換が進んでいます。現状への対応に加えて、今後も大きな環境の変化や不測の事態が発生する可能性を考慮し、事業継続の面からもリモート対応が不可欠となっているからです。

 IBMでは、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった当初よりIT開発/運用をリモートに対応させるDynamic Deliveryモデルを推進しており、それを実践するためのプラットフォームとして「IT Work Anywhere for Enterprise」の提供を開始しています。

 リモートによるチーム開発からアプリケーションの展開/運用、開発用デスクトップ、専用VPNまで、IT開発/運用のリモート化に必要な全ての要素を包括的に提供する同プラットフォームの概要と特徴について、グローバル・テクノロジー・サービスの東根作 成英氏とグローバル・ビジネス・サービスの大楠 貴浩氏が解説します。

この記事の続き >>
・ニューノーマル時代の業務効率化、見えてきた3つの方向性
・AIが「人にもできること」をどれだけ肩代わりできるか?
・領収書の自動処理やカードの不正利用検出など、幅広い領域で導入される“横断的で動的な”自動化

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!