開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社データビークル提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/06/24

西内啓氏が解説、最強の学問「統計学」を“専門家ゼロ”でビジネスに取り入れる方法

データを意思決定に活かすには、企業にあるさまざまなデータを収集、分析し、価値を見出してビジネス変革につなげていくことが求められる。しかし、データの整形には膨大に時間がかかり、BIツールを使ったとしても適切な分析結果を得られるとは限らない。そこで注目を集めているのが「統計学」を取り入れた分析手法だ。『統計学が最強の学問である』の著者でデータビークル 代表取締役 最高製品責任者 兼 統計家の西内 啓氏に、データドリブン経営を推進するポイントを聞いた。

画像
データビークル
代表取締役 最高製品責任者
西内 啓氏

コロナ禍によるオンライン化とデータ活用の必要性

 コロナ禍によって、これまでオフライン中心だったさまざまな活動がオンラインへ移行しつつある。たとえば、これまでは展示会やイベントなどを通して名刺情報を収集し、それをもとに見込み顧客リストを作成、そしてリストを営業担当者に渡した上で、テレマーケティングや商談を進めることが多かった。

 しかし、テレワークの普及によって、Web会議システムを通したオンライン商談が一般的になるなど、タッチポイントがオンラインに移行した。今では、企業のマーケティング施策についても、オンライン上での展示会やイベント、Webセミナー(ウェビナー)などが主流になっている。

 このデジタルシフトによるデジタルトランスフォーメーション(DX)や働き方改革の推進は、数年前から必要性が叫ばれていたが、コロナ禍によって、その流れが一気に加速。その結果、オフラインでは得られなかったデータを企業が得られるようになり、その蓄積されたデータをどう利活用していくかという「データドリブン経営」がより一層注目を浴びるようになった。

 「デジタルシフトが進むことでさまざまなデータが溜まるようになりましたが、これをうまく活用しているかどうかで企業競争に差が出ます」と話すのは、データビークルの代表取締役を務める傍ら統計家でもある西内啓氏だ。

「データをうまく活かすことができれば、事業の継続的な成長を実現できますが、データ活用を積極的に行っている企業でも、データを最大限に活かした分析とデータに基づいた意思決定を行うことができている企業は一握りしかいない状況です」(西内氏)

この記事の続き >>
・データサイエンティスト依存の分析を変えるには
・「統計学」を使ったデータ分析を専門知識ゼロで実施するには
・データドリブン経営の実現に必要な人材の気質とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!