開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan 合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/07

「システム停止で右往左往、時間ばかり過ぎていく」を根本から解決する方法

現在の企業にとって、ITシステムはビジネスを支える重要な仕組みだ。DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む企業が増え、ITシステムの重要性は、ますます高まっている。ところが、そのシステム運用に目を向けると、そろそろ限界を迎えている。現場のリアルな課題に焦点を当て、それを解決する手段を探っていこう。

photo
人に依存したシステム運用をどのように変えるべきか
(Photo/Getty Images)

高度化・複雑化するITシステム、その裏で進行中の深刻問題

 現在、DXに取り組む企業で深刻な問題が起きている。それが「システムの運用」だ。端的に言えば、ITシステムが高度化・複雑化したことで、運用の負荷が急激に上昇しているのである。その結果、DXそのものが阻害される可能性さえ出てきている。

 その深刻さは、現場の声に耳を傾けると実感できる。アラートの数が膨大でハンドリングできない、障害の切り分けを経験と勘に頼っている、○○さんがいないと対応できない、インフラとアプリケーションで部門が違うので原因調査が難しい……等々。こうした現場の声は、決して特定の企業だけのものではないだろう。

 これは、運用担当者だけの問題ではない。DXによってITシステムがビジネスを牽引するクリティカルな存在になれば、そのトラブルはビジネスを直撃する。それが分かっている経営層は、担当者に「システムは大丈夫なのか?」と聞くだろう。聞かれた担当者は「大丈夫です」と答えるが、その担当者自身も複雑なシステムの全貌が分かっていないため、実はこれは何の保証にもなっていない。

 また仮にインシデントが生じた場合も、現場から上長へ、インフラ担当からサービス担当へ、人を挟み組織をまたぐたびに伝達事項は増え、根回しも必要になり、対策会議に費やす時間ばかりが過ぎていく。実際、人の多い組織ほど、システム以上にコミュニケーションの煩雑さに頭を悩ませているのではないだろうか。

 ではどうすれば良いのか。たとえば、近年はあらゆる製品に取り入れられているAIに任せるのはどうだろう。実はこれも容易ではない選択肢である。

この記事の続き >>
・解決策としての「運用はAIにお任せ」が破綻するワケ
・システムの可視化とリアルタイム監視、障害予測をどう実現するか
・平均復旧時間を90%削減したグローバル大手事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!