開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ヴィーム・ソフトウェア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/19

劇的に運用が変わる?「マルチクラウド」のデータ管理をスッキリさせる方法

企業のクラウド活用が進む中、オンプレミスとクラウドを併用するマルチクラウド環境はすでに珍しいものではなくなってきた。しかし、マルチクラウドは運用が複雑化するほか、データ保護のサイロ化につながるなど、データ管理における課題は多い。こうしたマルチクラウド特有の難しさを乗り越え、クラウド活用のメリットを最大限享受する方法はあるのか。

photo
マルチクラウドは運用が複雑化するほか、データ管理も難しい…こうした課題を解決する方法はあるのか
(Photo/Getty Images)

すでに始まっているマルチクラウド

 はじめに、クラウド利用モデルを整理すると、次の4つに分類することができる。

  • プライベートクラウド(オンプレミスを含む)
  • パブリッククラウド
  • ハイブリッドクラウド(プライベートとパブリックの組み合わせ)
  • マルチクラウド(複数のプライベートもしくはパブリッククラウドの組み合わせ)

 ヴィーム・ソフトウェアの実施した調査によると、実に92%の企業がハイブリッドクラウドもしくはマルチクラウドを使用する「マルチクラウド戦略」を取っているという。

 企業がマルチクラウドを採用する理由の1つは、クラウドごとの強みを利用するためである。コストや提供機能、提供リージョン、認証・コンプライアンス要件など、それぞれの項目における“良いとこ取り”をするためである。

 もう1つは、事業継続を実現するための冗長性を確保するための利用だ。遠隔地データ保管や、災害時のディザスタリカバリ(DR)先として複数の選択肢を持っておくことが狙いにある。

 しかし、マルチクラウドは運用環境が複雑化しやすく、クラウド間の連携も容易ではない。そのため、それぞれの環境ごとにデータ保護を実施する必要があるなど、運用の負荷も大きくなりやすい。

 こうした懸念を払拭し、マルチクラウドのメリットを享受するためには、クラウド環境間での“モビリティ(移動性)”を確保しておく必要があるのだ。ここからは、クラウド間のモビリティを確保するためのポイントを解説したい。

この記事の続き >>
・データ保護ソリューションのサイロ化を解消する方法
・事業継続を目的とするデザインパターンの最適解とは
・なぜバックアップツールの統一が重要なのか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!