開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

楽天コミュニケーションズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/04

なぜ楽天グループのコンタクトセンターは「3日」で在宅勤務移行できたのか?

新型コロナウイルスの大規模な感染拡大によって、コンタクトセンターには大きな変革が求められている。テレワークへの迅速な対応、デジタル技術をフル活用した顧客体験(CX)の向上はもちろん、急速な環境の変化にも対応できる柔軟なオペレーションの実現が必須となる。こうした状況下で企業はどのようにして対策を進めていくべきだろうか。これからのコンタクトセンターに求められる機能や役割を考える。

photo
在宅勤務へ移行できるか?次世代コンタクトセンターに必要なものとは
(Photo/Getty Images)

コロナ禍のコンタクトセンターに残された大きな爪痕

 世界規模で拡大した新型コロナウイルスによる災禍は多くの企業やビジネスに影響をもたらした。当然ながら、コンタクトセンターにもいくつかの課題が爪痕として残った。

 1つは、「テレワークへの急速な対応」である。コロナ禍では、DXや働き方改革を推進する動きとしてではなく、事業継続のための手段としてテレワークを実施することがもはや避けられなくなった。

 テレワークへの対応は急務でありつつ、一方で「テレワーク実施に伴う現行システムとのギャップ」が大きな課題となる。現行のシステムではテレワーク体制が整えられないものであったとしても、企業にとって整備しないという選択肢はない。しかし、コストやセキュリティの問題から即時対応ができないというケースも多いことだろう。またテレワーク移行に伴って業務フローをどう変更するか、各種業務のレポート・報告をどう行うか、勤務状況の把握の仕方など、考えるべき課題もある。

 コンタクトセンターではこの課題は特に深刻だ。コンタクトセンターは、顧客に対する企業の「顔」になる部門の1つといって過言ではなく、その対応次第で、顧客満足度(CS)は著しく低下する場合もある。誰もが経験したことのないコロナ禍の状況において、生産性を維持しつつ、かつ顧客対応を平時と同水準に保つという困難な課題を解決するには、どうすべきだろうか。

この記事の続き >>
・楽天グループのコンタクトセンター300席を3日でテレワーク対応
・離れ離れの在宅勤務でも適切なマネジメントを実現する
・顧客満足、顧客体験を高めるために欠かせない「柔軟性」とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!