開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

セイコーソリューションズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/23

なぜ今正確な「時刻同期」が必要なのか? 手間とコストを抑えたタイムサーバ導入法

ICTへの依存度がますます高まる中、つい見過ごしがちなのが「時刻同期」である。システムの安定運用やセキュリティ強化を目指すには、あらゆる機器から発せられるログを統合的に監視しなければならず、その際に時刻同期環境が求められる。この解決策としてタイムサーバがあるが、新たに設置するとなると、さまざまな検証が必要になってくる。では、手間なく高精度なタイムサーバを導入するにはどうすればいいのだろうか。

photo
一般的な企業においても「時刻同期」の重要性が高まっている
(Photo/Getty Images)

ネットワーク内で欠かせない「時刻同期」

 サーバやネットワーク装置は、時刻同期を前提として動いており、ネットワーク内で時刻が一致していないと、色々な不整合や重大な問題が発生する。もし、正確な時間を刻んでいなければ、たとえば、機器同士でファイルのタイムスタンプが異なり、ログから正確な情報が取れず、認証やログインができなくなるなど、さまざまな障害が起きてしまう。ICT活用において時刻は重要なファクターなのだ。

 これまで、時刻を重視していた業界としては、交通機関、放送、金融系、トレーディング、医療、データセンター、インフラ系など、比較的にミッションクリティカルな分野が多い。高いセキュリティ意識が求められる企業をはじめ、正確な時刻同期を必要とするサービスを提供している企業や組織では、それぞれが自社でタイムサーバを導入・運用している。

 一方で、あらゆるモノがネットワークにつながるようになり、サイバー攻撃も高度化してきた。デジタルトランスフォーメーション(DX)を進める上でも、データやログ分析の必要性が高まっており、上記のような企業はもちろん、一般的な企業でも時刻同期環境の整備が求められるようになっている。

 ただし、社内にタイムサーバのアプライアンスを導入する際には、アンテナ設置や固定電話回線、そのケーブル敷設、設置スペース確保、各機器との接続検証が必要だ。さらに、これらの調整で利用開始までに時間がかかるだけでなく、初期費用も高くなりがちである。そこで登場したのが、時刻同期のフルマネージドサービスである。今日、実際の現場のみならず、SI商材としても注目されている。そこには、次のような市場背景が存在している。

この記事の続き >>
・DX推進の肝となるデータの分析・活用に「正確な時刻」は必須
・正確な時間を刻むタイムサーバを手間なく導入するには
・導入から運用・監視までをアウトソーシングして本業に集中せよ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!