開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/10

今後の企業経営を左右する、「クラウドネイティブ人材」の育成とは

デンソーの取り組みとコンテナ技術育成事例

現在、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいるほぼすべての企業が直面している課題がある。それが、「クラウドネイティブ人材をどう確保するか?」である。具体的には、コンテナを始めとするDXの中核となるテクノロジーとハイブリッドクラウド等の複雑化するインフラを理解し、DXを牽引する人材をどう育てるのかということだ。ここではまず、2017年わずか2名で「デジタルイノベーション室」を立ち上げたデンソーの取り組みを紐解きながら、企業がDXに必要な人材をいかにして育成すればよいかを整理する。

画像
デンソー
執行幹部 モビリティシステム事業グループ DX推進担当 兼 クラウドサービス開発部長
クリエーションライン株式会社 取締役
成迫 剛志氏

ITとビジネスを直結させて新しい世界を作る

 1990年代にインターネットが登場したとき、社会インフラとなった現在のインターネットの姿を予想できた人はほとんどいなかっただろう。それほどインターネットは、我々の社会を大きく変えた。同様にして、IoT、AI、ブロックチェーン……等々の現在の最新テクノロジーも、これからの10年で、我々の想像をはるかに超えて世の中を変えるはずだ。

 デンソー 執行幹部 モビリティシステム事業グループ DX推進担当 兼 クラウドサービス開発部長 成迫 剛志氏は、こうした変化の中で、「ビジネス」「業務プロセス」「IT」の関係が大きく変わるという。

「これまでは、ビジネスを支える業務プロセスがあり、そのプロセスを支えるためにITがありました。しかしこれからは、ITとビジネスが直結し、車の両輪のようになって新しい世界を作っていくことになります」(成迫氏)

 その取り組みがデジタルトランスフォーメーション(DX)に他ならない。そして成迫氏は、従来のデジタルの取り組みとDXの違いを次のように説明する。

この記事の続き >>
・従来のデジタル化とDXの違いとは?
・ウーバー、アマゾン等の「ディスラプター(破壊的企業)」が取る3つのアプローチ
・クラウドネイティブ人材をどうやって育成・確保するか
・コンセプトは「オープン」「ハイブリッド」「エンタープライズ」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!