開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/03

データの役割が変化した今、「本当の競争力」になるのはストレージである理由

ビジネスで生成されるデータは世界中で急激に増大し続けている。こうした膨大な量のデータを有効活用し、事業成長につなげる戦略の重要性はいわずもがなだろう。また、複数のクラウドの活用が前提となるアーキテクチャへの移行が加速する中、「単なるハイブリッド化」だけではもはや差別化は不可能になった。ビジネスの最重要課題を解決できるシステム基盤の絶対条件の1つであるストレージの重要性、その実装ポイントを詳しく解説する。

photo
データの価値を左右する、今後のハイブリッド基盤に欠かせないストレージの絶対条件
(Photo/Getty Images)

マルチクラウド環境のハイブリッド化になぜ「ストレージの最適化」が必要か

 「21世紀の石油」とも言われ、企業の長期的な成功を左右する重要な役割を担うデジタルデータ。ビジネスとITシステムが密接に連携する現代社会では、企業全体としての俊敏性の向上やコストの最適化のためには「データ活用の価値を最大化できる要件を満たすシステム基盤の構築」が重要だ。しかし、IT投資の予算がデータ量と同じペースで増加することは不可能に近いのも事実だ。

 システム基盤の構築要素の中でも、特に重要となるのがストレージだ。マルチクラウド環境が広がれば広がるほど、ストレージの重要性は高まる一方だ。なぜなら、オンプレミス、クラウドなどITインフラの種類を問わず、企業内のシステムに散在する多種多様なデータを収集して効率的に管理する役目を担うのがストレージだからである。

 単なるシステム環境のハイブリッド化やマルチクラウド活用だけでは、もはや企業の競争力は差別化できない。ストレージの最適化こそが企業成長に価値をもたらすのだ。では、どう最適化させていくべきか? マルチクラウド環境の導入状況やデータ活用における課題を踏まえながら、より詳しく解説していく。

photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!