開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/17

【対談:八子知礼氏×林雅之氏】DXに失敗する日本企業の残念すぎる共通点とは…?

新型コロナウイルスの感染拡大をキッカケに、危機感を持ってDXに取り組む企業は増えたが、デジタル活用により事業拡大や生産性向上につなげることができた企業は少ない。全社をあげてクラウド移行を進めたり、あらゆる業務にITツールを導入しても、大きな効果を実感できない理由はどこにあるのだろうか。INDUSTRIAL-Xの八子知礼氏と、NTTコミュニケーションズの林雅之氏が日本企業のDXの問題点と、解決策について語った。

photo
INDUSTRIAL-Xの八子知礼氏と、NTTコミュニケーションズの林雅之氏が、「DX成功のための条件」について語りあった

大企業と中小企業で2極分化が進むDX

 国内における「DXの取り組み」と語られるものを見ると、業務改善のためのデジタル活用の事例が多く、競争優位性を高めるための攻めのデータ活用や、新規ビジネス創出につながるIT投資の事例は少ない。

 DXのコンサルティングを数多く手がけているINDUSTRIAL-Xの八子知礼氏は、国内企業のDXの進捗を「大手企業と中小企業で2極分化している」と指摘する。

「製造業の話で言えば、大企業はIoT投資を進めるなどビジネスの変革につながるようなIT投資を進めていますが、中小企業は業務のペーパレス化から始めなければならないような状況にあります。たとえ大手企業のDX化が進んでも、大手企業を支えるTier3、Tier4の中小企業がDX化されていなければ、そこがボトルネックになってしまい、業界のビジネスは構造的には変われないのです」(八子氏)

photo
INDUSTRIAL-X
代表取締役
八子知礼 氏

 八子氏の指摘する課題は、製造業だけでなく、建設業や物流など、多段下請け構造にある業界にすべて当てはまる。経産省が提唱する、データを介して機械・技術・人などさまざまなものがつながり付加価値創出を目指す「コネクテッド・インダストリーズ」は、程遠いというのが日本の実態なのだ。八子氏は、「産業全体でビジネス構造の効率化を目指すのであれば、各社がバラバラにデジタル化を進めても効果は薄く、川上から川下の企業までがデータでつながる状況を作ることを考えるべきです」と強調する。

 産業全体の効率化のためにもデータの取り扱いが大変重要になるが、この領域において日本企業の課題は山積みであり、海外に大きく遅れをとっているという。

photo
NTTコミュニケーションズ
エバンジェリスト
林雅之氏

 NTTコミュニケーションズ エバンジェリストの林雅之氏は、「海外企業を見ると、データ活用によりマーケティングやオペレーションの最適化を進めるなど、データドリブン経営を実現している企業が増えてきています。一方、国内を見ると、データを収集していない企業もあれば、収集していても単にデータを集めるだけで有効活用できていない企業が多く、そのほとんどが収集したデータの所在を把握できておらず部門間の連携もできていない状況です。産業全体でのデータ連携に向け課題は多いと言えるかもしれません」と話す。

 それでは、こうした課題を解決し、日本企業がDXで成功するためにはどのようにすれば良いのだろうか。八子氏と林氏が課題解決のポイントについて意見を交わす。

この記事の続き >>
・DXを阻む「組織・制度・データ」の3つの壁
・日本の製造業が抱える「DX魔のデッドロック」
・なぜ「データ活用」が必要なのか?
・大手建設会社のデータ統合事例や「受注~製造プロセス」を4分の1に短縮できた事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!