開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ヴィーム・ソフトウェア株式会社/富士通株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/02

8割以上が「2年以内にオンプレ回帰予定」、無駄足なくすハイブリッド環境の作り方

ビジネスを取り巻くさまざまな変化に対応するために、システムを刷新する企業が増えてきた。その一環としてパブリッククラウドを考えていても、コスト面だけに着目して移行すると、さまざまな課題に直面した結果、オンプレミスに回帰するケースも少なくない。そこで、オンプレミスとクラウドの「いいとこ取り」ができるハイブリッド環境への期待が高まっている。ここでは、インフラ刷新の障壁を越えてハイブリッド環境へと移行するヒントを紹介しよう。

photo
DX時代に適応するためのインフラ刷新、可能であれば最短ルートで実現したいところだ
(Photo/Getty Images)

クラウド完全移行は早計? 8割以上がオンプレ回帰予定の現実

 市場競争の中で自社の優位性を確立しようと、さまざまな企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいる。各社がDXに取り組んだ先には、デジタル技術がさらに進歩し、多様なデータが収集・分析可能となり、得られた知識や価値を社会問題の解決や産業活性化に生かす「データ駆動型社会」が到来すると言われている。

 データ駆動型社会では、売り上げや在庫情報など、これまで活用されてきたデータだけではなく、意識されてこなかったデータもIoTによって収集可能となり、AIの活用で新たな価値が創出されるようになると見込まれている。また、世界のデータ量は増加し続けており、2025年には175ZB(ゼタバイト)に到達すると予測されている。では、データ駆動型社会に追随するためには、インフラ環境をどのように整備すればよいのだろうか。

 膨大なデータを管理するための選択肢として、パブリッククラウドの活用が主流になると見られているが、この風潮を全面的に支持するのは早計だ。単純にコスト面だけを比較してクラウドに切り替えると、セキュリティの整備や運用が追いつかず、オンプレミスに戻さざるを得なくなる可能性がある。

 ある調査によれば、8割以上の回答者が2年以内にクラウドからオンプレミスに移行する予定であり、その理由として上位を占めるのはセキュリティの向上や運用における課題だといわれている。こうした状況に陥らないためには、オンプレミスとクラウドのいいとこ取りができるハイブリッド環境の構築を検討したいが、具体的にはどのようなポイントに留意すべきなのだろうか。

この記事の続き >>
・オンプレ/クラウドの得意/不得意を復習。ハイブリッド環境の課題はデータの可搬性
・「さまざまな環境を行き来したい」、このニーズをどう解決するのか?
・DXに向けたシステム刷新を後押しするハイブリッド環境の構成例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!