開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ソートスポット合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/04/11

小売業の優れたデータ活用、「世界のウォルマート」と「埼玉発ベルク」の意外な共通点

ここ数年、あらゆる企業が熱心にデータ活用に取り組むようになったが、成果に結びついている企業は少ない。その理由として「データ分析に時間がかかり、分析結果が出る頃には、環境が変化してしまっている」という点が挙げられる。特に、消費者の購買行動を読み取り適切なマーケティングや販売活動をする必要のある小売業には、データ分析のリアルタイム性が求められるのだ。ここでは、環境の変化のスピードに合ったデータ分析を実現する方法を解説したい。

photo
小売業のデータ活用のあるべき姿とは?事例とともに解説する
(Photo/Getty Images)

環境変化のスピードに社内の分析データは対応できているか?

 近年、あらゆる企業でデータを活用したマーケティングや販売活動、意思決定が行われている。しかし、そうしたデータ活用は、急速に変化する社会のスピードに対応できているのだろうか。たとえば、現場担当者が数週間前に収集したデータを元にデータ分析をしていた場合、そこから得られた分析結果は目の前の社会状況にマッチしていない可能性もあるはずだ。

 中でもデータ分析のリアルタイム性が求められる業種に小売業が挙げられる。小売業の場合は、消費者の購買傾向を読み解くために、たとえばPOSデータに加え、季節や天候、さらにはSNS上の口コミなど、鮮度が重要なデータを扱っている。そのため、データ分析から優れた洞察を得るためには、データ分析のスピードが重要なのだ。

 さらに、そうした分析結果を刻々と変化する接客の現場で活用することもあるため、分析結果を確認する際のリアルタイム性も求められる。

 とはいえ、小売業の場合は扱うデータが膨大になることもありデータ活用が複雑化しやすく、その分データ分析に時間がかかってしまうことがある。こうした課題を解決し、環境変化の速度に合ったデータ分析を実現する方法はあるのだろうか。

この記事の続き >>
・小売現場の担当者がホントに欲している「分析結果データ」とは
・小売業のデータ分析がうまくいかない理由、原因は分析体制にある?
・ウォルマート・埼玉県発食品スーパーベルクの意外な共通点

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!