開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ウィズセキュア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/05/25

IT部門すら半数以上がだまされた、調査で判明「メール詐欺」で最要注意の差出人とは

巧妙な手口が増加しているサイバー攻撃。日々進化する手口により、被害に遭う企業や個人が増えている。リモートワークが増えた現在、不安を感じながらPCに向かっている従業員も多い。本稿では、企業の協力のもとに行った調査結果を紹介しながら、このような脅威から企業や従業員を守るための方法を探る。

photo
高度化するサイバー攻撃から企業や従業員を守るセキュリティ対策とは
(Photo/Getty Images)

ここまで違う、リモートワーカーとオフィス勤務者のセキュリティ意識

 コロナ禍を機にリモートワークを導入する企業が増えたが、実際には緊急措置として急きょ開始した企業も多く、セキュリティに対しては不安を感じながら仕事をしている従業員もいるようだ。

 リモートワーカーとオフィス勤務者のセキュリティに対する意識調査を紹介しよう。この調査は、2021年に日本を含む9カ国、800人ずつ合計7200人を対象にして実施された。以下の数字は、それぞれの項目に対して「はい」と回答した割合を示す。

実際には何も問題がない場合でも、オンライン上のセキュリティやプライバシーに関して不安を感じる
・リモートワーカー:67%
・オフィス勤務者 :58%

インターネットがより危険な場所になってきていると感じ、インターネット利用における習慣を変えた
・リモートワーカー:65%
・オフィス勤務者 :54%

最近数カ月でデータのプライバシーに関する懸念が高まり、インターネット利用における習慣を変えた
・リモートワーカー:63%
・オフィス勤務者 :48%

 いずれもリモートワーカーのほうが10~15パーセントポイント程度高い結果となっている。さらに、「セキュリティ上のリスクを考えると、公共のWi-Fiに接続することにより強い抵抗を感じるようになった」「ネット接続している自分のデバイスが、ウイルスやマルウェアに感染したり、ハッキングされていたりしないか不安である」という質問に対しても、リモートワーカーのほうがオフィス勤務者より高いパーセンテージで「はい」と回答している。

 リモートワーカーのセキュリティ意識は確実に高まってはいるものの、行動が伴うかというとまた別問題となってくる。次に、大手企業4社に協力してもらったフィッシングメールに対する従業員の行動の結果を見てみよう。

この記事の続き >>
・4種のフィッシングメールで比較。どの企業でもクリック率が高かったのは、あの部門を装ったメール
・部門別のクリック率からわかる、リスクの高さ
・「人が最大の脆弱性」、被害を受けない組織はどう作る?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!