開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ヴイエムウェア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/08/04

VDIが注目されるワケ、新しい働き方「ハイブリッドワーク」に最適?

時間や場所にとらわれない、働く場所と時間に制約を設けないワークスタイルが当たり前となりつつある。さらに近年では、テレワークとオフィスワークを折衷させた「ハイブリッドワーク」を取り入れる企業も増えている。だが、そこで新たに顕在化した課題が、「利便性とセキュリティの両立」である。こうした新しい働き方に対応できるIT基盤を構築するために、今注目されているのが「VDI」だ。

photo
新しい働き方でセキュリティとユーザー体験を両立するには?
(Photo/Getty Images)

ハイブリッドワークの普及で分散した環境で働く機会が増加

 近年急速に注目を集める「ハイブリッドワーク」は、自宅やオフィスを含めて、従業員が働く場所や時間を柔軟に選べる働き方だ。しかし、情シス部門の立場からすると、それは決して歓迎できるものではない。その大きな理由の1つは、従業員の端末が社内外に分散してしまい、セキュリティの管理・統制が困難になるからだ。

 実際、端末が各所に分散すると盗難や紛失のリスクが高まるほか、周囲の監視の目がないことを良いことに内部不正行為が発生し、重要なデータが外部に漏えいするリスクも高まる。また、社外で使用される端末に社内と同等の十分なセキュリティ対策が施されていなければ、その端末からマルウェアに侵入される恐れもある。

 とりわけ、BYOD(私用端末の業務利用)を許可している場合、社内ポリシーに則ったセキュリティ対策を徹底させる難度はより上がるだろう。適切な端末管理や制御を施していなければ、マルウェア感染のリスクはもちろん、退職した従業員の私用端末に業務データが残されたままといった事態も発生しやすくなる。

 こうしたセキュリティリスクへ対処することは企業として当然の務めだが、もう1つ忘れてはならないのが、従業員のユーザー体験を確保することである。つまり、セキュリティを維持しながらも従業員がストレスなく快適に業務をこなすことができ、会社全体の生産性を維持できる環境を整備していく必要がある。

 セキュリティとユーザー体験という相反しがちな2つの観点を両立するハイブリッドワーク環境構築のために、今注目を集め始めているのが「VDI」である。

この記事の続き >>
・ハイブリッドワークでVDIが注目されるワケ
・クラウド技術でますます広がるVDIの選択肢
・外部からの脅威だけでなく内部不正への対策も

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!