開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社セールスフォース・ジャパン提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/07/26

イーデザイン損保のDX戦略、「究極のCX」と「2025年の崖・回避」を両立できたワケ

近年、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進に取り組む企業が増えているが、企業が「ありたい姿」になるためにはドラスティックな改革が求められる。本稿では、究極のCX(顧客体験)を目指して、企業としての「ありたい姿」を定義し直したイーデザイン損害保険(以下、イーデザイン損保)の取り組みと、その実現を支えたシステムの裏側を紹介する。

photo
イーデザイン損保のインシュアテックDXの詳細
(写真:イーデザイン損保 提供)

迫る「2025年の崖」、企業のDX推進を妨げるレガシーシステム

 経済産業省が企業のDX推進のために、2018年9月に発表した「DXレポート」。その中では、複雑化・ブラックボックス化した既存のシステムを使い続けることで、柔軟に改変するDX推進の妨げになり、将来の成長、競争力強化が見込めず、2025年以降に経済損失が生じると指摘されている。いわゆる「2025年の崖」問題だ。

 1980年代にシステムを導入している企業は、部署ごとにシステムを導入し、さらにそれぞれで追加開発を重ねて非常に複雑化していることが多い。すると、システムを維持するコストはかさみ、経営判断に必要な全社横断のデータは従業員が労力をかけて手作業で作成するという事態も起こり得る。さらに、当時開発していた技術者が退職して対処できなくなるという問題も発生する。

 以下では、レガシーシステムがDX推進の妨げになると問題意識を強く持ち、抜本的な改革を進めるとともに、顧客体験価値を高めたイーデザイン損保の取り組みを紹介する。

この記事の続き >>
・イーデザイン損保が挑む、インシュアテック企業への変革
・なぜ「究極のCX実現」と「レガシーシステムからの脱却」を同時に実現できたのか
・サービスを変革できる人・企業の共通点とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!