開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

UiPath株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/08/05

SAP S/4HANAをラクに運用するには? “自動化”をノーコードで実現する

SAP ERP 6.0の標準保守サービスが2027年に終了することから、SAP S/4HANAへの入れ替えを検討している企業もあるだろう。一方、SAPの「Fit to Standard」が現場の負担になっているケースも目立ち始めている。本記事では、SAP S/4HANAをラクに運用するための「自動化」をノーコードで実現する方法を解説する。

photo
SAP S/4HANAの“入力自動化”を実現するには?
(Photo/Getty Images)

「Fit to Standard」によって生じた課題を解消する方法とは?

 SAP ERP 6.0の標準保守サービスが2027年に終了することが決定し、SAP S/4HANAへのバージョンアップの動きが活発化している。しかし、このタイミングでSAP S/4HANAの運用を見直す動きも出てきた。

 SAPシステムは業務の効率化を図る上で大きな役割を果たしてきたが、運用には課題がつきまとっているからだ。10年前のSAPシステムの課題は、「Fit&Gap」の手法から生じていた。

 「Fit&Gap」は、SAPシステムを運用する中で発生したSAP標準とのギャップを解消するため、追加開発(アドオン開発)を行うという手法だ。「Fit&Gap」によって、運用保守やバージョンアップのコストが増大する課題が生じた。

 近年は追加開発を行わず、業務プロセスとルールを変革することで対応するようになってきた。これが「Fit to Standard」である。「Fit to Standard」によってSAPシステム運用コストは抑制できたが、使い勝手や利便性が犠牲になるなど現場の負担は増加した。

 この現場の負担を解消する方法が、「RPAによる自動化」であるが、一体どのようなポイントを押さえればSAPシステムにおいて無理なくそれが実現できるのか? SAPシステムの運用をノーコードでスムーズに「自動化」する方法と、その具体的な事例を紹介する。

この記事の続き >>
・SAPとSAPの周辺システムはどこまでRPA自動化できるのか?
・GUIとBAPI、「2つの自動化」の差とは?
・SAPシステムにおける経理業務プロセスの自動化の活用例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!