開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社、東京エレクトロン デバイス株式会社/ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/01/20
IHS Markit テクノロジー 南川明氏に聞く アナリストが断言!オールフラッシュをいま導入すべき3つの理由

ここにきて、ストレージ業界でオールフラッシュ・ストレージが急速に成長し、大きな注目を浴びている。長年にわたり、半導体産業や電子産業の分析に従事するIHS Markit テクノロジー 日本調査部ディレクター 主席アナリストの南川 明氏も「実はここまでオールフラッシュ・ストレージ市場が急速に立ち上がるとは我々も考えていませんでした」と驚きを隠さない。南川氏にストレージ業界の市場動向、企業の最適な投資戦略、そして今後登場する新しい技術などについて話を聞いた。


なぜオールフラッシュ・ストレージ市場が急速に立ち上がったのか

 まず、オールフラッシュ・ストレージ市場が急速に立ち上がり始めた理由のひとつとして、SSD価格の下落が挙げられる。SSDはNANDフラッシュメモリで構成されているが、実は昨年半ば過ぎ辺りから需給バランスが崩れ、価格が下落し続けたという。

「この間に、NANDフラッシュメモリの価格は5割から6割ほど下がったと思います。そのためHDDとのビット単位の価格差が縮まりました。いまは3倍から4倍ぐらいのレンジにあると思います。そこまで急激に縮まってきたことが、SSDやオールフラッシュ・ストレージをけん引する材料のひとつになっています」(南川氏)

画像
各ストレージの容量当たり単価の推移。特にEnterprise SSDの下落が著しい
(出典:IHS調査)


 2つ目の理由はスピードの問題だ。使い方にもよるが、従来のHDDよりオールフラッシュのほうが、サーバ全体のパフォーマンスが2割ぐらいは高まると言われている。データベースでも僅か数%のパフォーマンスを上げるために、人手で苦労してチューニングするコストよりもオールフラッシュ化したほうが、投資対効果が増している状況にあると言えるだろう。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!