開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

AvePoint Japan株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/11/22
 ヤマハはどうやって「価値創造できるIT部門」を作ったのか、執行役員が振り返る

本当に働き方改革を目指すなら、まず改革すべきは考え方だ。ヤマハ 執行役員 経営企画部長 兼 情報システム部長 徳弘 太郎氏は、そう力説する。情報システム部門がインフラ提供のみに満足せず、その先の価値創造にも責任を持つにはどうすれば良いのか。同社において情報共有基盤を普及させる中で実現した“考え方の変革”と、情報システム部門のこれからの役割について語った。

長時間労働の抑制は「改善」であって「改革」ではない

 徳弘氏はまず、厚生労働省が公表している働き方改革推進の2つのポイントを示した。その1つが「労働時間法制の見直し」であり、もう1つが「雇用形態に関わらない公正な待遇の確保」だ。言い換えれば、前者は「長時間労働の抑制」、後者は「同一労働同一賃金」である。

 しかし、同氏はこれらが真に改革といえるものではなく、改善の域にとどまっているのではないか疑うとともに、「改善レベルの話では、実現できたとしても夢がありません」と語る。

「改革というからにはもっと大きなテーマに挑戦したい。私は当社の情報システム部門において、表面的な働き方の改革ではなく、考え方の改革に取り組んできました」

 その強い意志を端的に現しているのが、2016年4月の情報システム部長就任時、部員たちに送ったメッセージだ。

「皆さん、我が部門は情報システム部という名前です。情報とシステム。仕事の内容はどうでしょうか。システムの対応が8割、情報が2割。私はこの部門を、情報が8割、システムが2割の部門にしたい。皆で情報のプロになりましょう」

この記事の続き >>
・情シスのサポートなしで、4つのツールを非公式に提供
・システム・ルール・リテラシーの3つのバランスを保つ
・本当の働き方「改革」を目指すなら価値創造にコミットすべき

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!