GNオーディオジャパン株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/07/02 掲載

生成AIでハイブリッド会議が進化、「音と映像」「Copilot」がカギを握るワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
対面での参加者とリモートからの参加者で構成されるハイブリッド会議が一般的になった。参加者の場所を意識することなく全員が同等の体験をするための環境づくりが注目を浴びている。また、会議の生産性を上げるためには議事録が不可欠だが、こちらも文字起こし機能が進化し半自動化が進んでいる。最近では生成AI「Microsoft Copilot」による要約作成など、会議にまつわる情報共有の効率化も進んでいる。ここでポイントとなるのが正確な人物認識と音声の品質だ。高精度のデータ収集で効率化を図る、一歩進んだ会議環境を紹介する。
photo
高い精度の視覚・聴覚機能と生成AIでミーティングが進化
(Photo/Shutterstock.com)

進化する会議─場所を選ばない環境構築と生成AIの活用

 コロナ禍下でリモートワークが普及したが、現在はオフィス出社への回帰が見られるようになっている。

 対面コミュニケーションの重要さは再認識されているが、働く場所を選ばない環境は支持されているため、多くの会議やリモートまたは対面とリモートのハイブリッド形式で開催されている状況となっている。対面よりもハイブリッド形式が好ましいと感じる人が多いという調査結果もあるほどだ。

 ハイブリッド会議のポイントは、すべての参加者になるべく公平な環境を提供することだ。視覚的、聴覚的な障壁をできる限りなくし、参加者のエンゲージメントを高める機器やシステムが求められる。  広い画角のカメラで会議室の参加者を捉え、高い音質によって聞き返しの回数を減らし、スムーズに会議を進行できるようシステムのセッティングのトラブル対応もなくしていきたい。

 近年はMicrosoft Copilotのように生成AI技術を使って会議の要約を行うことが可能になったが、より良い視覚・聴覚環境が整えばAIが生成する内容もより精度を高めることができ、速やかな意思決定や実行を支援できる。AI活用で会議がどう変わるのか、進化したハイブリッド会議の姿を見てみよう。

この記事の続き >>

  • ・ハイブリッド会議を成功させるカギはどこにある?
    ・生成AIで革新的な会議環境を構築するには
    ・生成AI×ハイブリッド会議の環境づくりが意思決定や学習、決定事項の実行を支援

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます