• スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/06/21 掲載

BYOD実現の最適解! スマートデバイスのセキュリティと利便性を両立するには?

デバイス内でビジネスとプライベートの領域を完全分離!

記事をお気に入りリストに登録することができます。
スマートデバイスの企業活用を考える際、従業員が私物の端末を会社の仕事に活用する「BYOD」は避けて通れない流れとなっている。その際問題となるのはセキュリティだが、機能やアプリを制限してセキュリティを整えても、利便性が犠牲になってしまうようでは本末転倒だろう。BYOD拡大の背景と最新事情、そしてセキュリティと利便性のバランスがとれたBYOD導入を成功させるために必要なポイントとは?

広がるBYOD、セキュリティと利便性のバランスをとるには?

 私物のスマートフォンやタブレット端末(以下、スマートデバイス)といった端末を仕事場に持ち込み、仕事に活用する「BYOD(Bring Your Own Device)」は、もはや止めることが難しい大きな潮流の1つとなっている。企業ネットワークセキュリティ分野で大きな実績を持つ、ソリトンシステムズ モバイル&クラウド事業本部 副本部長 正木 淳雄 氏は、その背景を次のように語る。

photo
ソリトンシステムズ
モバイル&クラウド事業本部 副本部長
正木 淳雄 氏
「一般消費者の間に受け入れられたものが、その後企業に普及していく『コンシューマライゼーション』の流れが背景にあると考えています。デバイスだけでなくSNSなどのサービスも、まず個人の側に広まり、企業がその後から着いていくといった状況がずっと続いています」(正木氏)

 こうした流れの中で、企業の経営層やIT管理者が頭を悩ますのが、セキュリティの問題である。

「PC並みの機能を持っているスマートデバイスは、PCと同等のセキュリティリスクがあり、高い意識を持って危機管理しなければなりません。社員の利用実態から、なし崩し的にBYODを許容・導入するのではなく、会社が率先して必要な環境とルール作りをすべきではないでしょうか」(正木氏)

 特にBYODでは、公衆回線を用いて通信し、一般に出回っているバラバラのデバイスやプラットフォームを利用するだけに、外部からの不正アクセスやウイルスなどのリスクも大きい。加えて、紛失・盗難リスクもノートPC以上に高い。

「実際にBYODを導入していくには、社員のスマートデバイスの利用状況をどう把握するか、セキュリティをどう担保するか、またトラブル時にどう対応するかといった具体的な仕組みとルールの整備が必要です。とはいえ、こうしたセキュリティの確保が、ユーザーの利便性を大きく損なってしまっては、BYODを導入する意味がありません」(正木氏)

 一般的には、セキュリティと利便性の関係はトレードオフである。たとえば個人のスマートデバイスを会社で利用するために、特定のWebページへのアクセスやアプリケーションを制限したり、カメラやスクリーンショットといった機能を無効化するような方法もある。しかし、その分スマートデバイスの利便性を削いでいることは否めない。

 ソリトンシステムズのアプローチはまったく別だ。同社では、スマートデバイス内に「個人の領域」と完全に分離した「会社の領域」を作成し、この領域のみを徹底してセキュアに保つ「セキュア・コンテナ」によって、セキュリティを担保しつつ、利便性を確保するという解決作を提示している。

この記事の続き >>
   通信とデータを暗号化したコンテナ内で、社内イントラとセキュアに同期する

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます