SB C&S株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/03/02 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
最近、企業ITにおける「ハイブリッドクラウド」への注目度が上がっている。サーバ仮想化でシステムを集約する流れは、そのままプライベートクラウドに向かっているが、さらなる柔軟性を求める動きはますます活発化している。日本でハイブリッドクラウドサービスを手がけるベンダーも増える中、どういった選択基準で各社のサービスをみればよいのか。ハイブリッドクラウドを構築するうえで注意するポイントは何か。Publickey 編集長 新野淳一 氏とソフトバンクコマース&サービスで、仮想化クラウドビジネス統括部の統括部長をつとめる友秀貴氏が話し合った。

結果としてハイブリッドクラウドになった

──:いま、ハイブリッドクラウドが注目されている背景には何があるのでしょうか?

新野氏:多くの企業はこれまで、コスト削減を目的にサーバ仮想化でシステムを集約してきました。この流れは必然的にプライベートクラウドにつながります。同様に、当初はコスト削減する目的でパブリッククラウドも注目されてきました。ただ実際に使ってみると、柔軟性や迅速なITリソースの調達など、コスト削減だけでないメリットも見えてきて、「これは使えるぞ」となったのが2014年だったと思います。

 一方、クラウドベンダー側も2014年はエポックメイキングな年になりました。VMware vCloud Airが日本に進出し、マイクロソフトはAzureのデータセンターを日本に開設しました。オラクルもSaaSの一部のデータセンターを日本に置きましたし、12月にはIBMもSoftLayerのデータセンターを日本に置きました。

 こうした中、たとえばストレージのバックアップはクラウドA、グループウェアはクラウドBというように、移行できるところからパブリッククラウドに持っていくと、必然的にオンプレミスやプライベートクラウドとの連携が必要になります。これがいま、ハイブリッドクラウドが注目されている背景だと思います。

友氏:パブリッククラウドが進歩し、使えるレベルになってきたことで、厳しい競争に打ち勝ち、新たな成長を目指す企業がシステムをスピーディに構築する目的で、プライベートとパブリックを使い分けるようになってきたということだと思います。

新野氏:最初からハイブリッドクラウドを目指すというよりも、オンプレミスとプライベート、パブリックの"いいとこ取り"をしていったら、結果としてハイブリッドクラウドになった、ということだと思います。

このページのTOPへ


ハイブリッドクラウドの課題はネットワークが複雑になること

──:では現在のハイブリッドクラウドが抱えている課題は何だとお考えですか?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます