ようこそゲストさん

アセンテック株式会社、デル株式会社 、 アセンテック株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/08/08 掲載

相次ぐ標的型攻撃への防御策「インターネット分離」を実現させるには

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)も警告!

記事をお気に入りリストに登録することができます。
企業が保有する重要情報の漏えいが後を絶たない。日本年金機構やJTBなど、セキュリティ対策の訓練を高頻度に実施していた企業でも、不正アクセスによる情報漏えい事件が起こっている。このことからも分かるように、社員が使う端末、すなわちエンドポイントへのセキュリティ対策の重要性は高まるばかりである。こうした中で自治体を中心に進んでいるのが、社内ネットワークに接続する端末とインターネットに接続する端末を分離させる「インターネット分離」によるセキュリティ対策だ。これを実現させるために、これまで業種や用途が限定されがちだった「デスクトップ仮想化(VDI)」が再注目されている。

photo
標的型攻撃対策で注目される「インターネット分離」を実現させるには

標的型攻撃対策で注目される「インターネット分離」

 スマホやタブレットといったモバイル端末の業務利用が普及する中で、デスクトップ、ノートPCを含む「エンドポイント」に保存されたデータが新たなリスクとなっている。年金情報やパスポート番号など個人への関わりが深い情報を保有している日本年金機構やJTBといった企業を狙った事件では、数百万件規模での大量の個人情報が漏えいしたことは記憶に新しい。

 相次ぐ事件を受け、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)では、標的型攻撃対策として個人情報等の重要情報を取り扱う情報システムをインターネットから分離させるよう各府省や自治体に通達している。これが、マルウェア感染などWeb経由の脅威からエンドポイントを守るために、インターネットへのアクセス環境そのものを社外に設置する「インターネット分離」の手法である。

 このインターネット分離を実現させるにはいくつかの方法があるが、物理端末を2台用意して社内ネットワーク用とインターネット用で使い分けるのは場所も取り端末管理も煩雑・高負荷になる。そこで再注目されているのが、エンドユーザーの負荷が比較的少なく、かつセキュリティ的にも安全な「VDIによるインターネット分離」だ。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます