ようこそゲストさん

株式会社サテライトオフィス 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/06/11 掲載

「ネカフェでアクセス」できてよいのか? クラウド時代の認証・セキュリティを考える

記事をお気に入りリストに登録することができます。
多くの企業がOffice 365やG Suiteなどのクラウドサービスを導入し、既存の業務システムと組み合わせて活用している。そこで求められるセキュリティ対策は、当然、既存のオンプレミスを前提とした対策とは異なるはずだ。では、企業は具体的にどのような対策をとればよいのだろうか。具体的なソリューションとともに整理しよう。

photo
クラウド時代に求められるのは、クラウドを前提とした認証・セキュリティ対策だ
(©THANANIT - Fotolia)

企業に押し寄せるコンシューマライゼーションの波

 現在、多くの企業が情報共有基盤としてOffice 365やG Suiteなどのクラウドサービスを利用している。従来のようにパッケージを購入し、コンピュータにインストールして利用する企業は、今後も減っていくのは間違いない。

 さらに最近は、コンシューマ市場で広く普及しているクラウドサービスが、企業向けに提供されるケースが増えてきた。LINE Works、Workplace by Facebook、Dropbox Businessなどが代表的だ。それぞれ、LINE、Facebook、Dropboxの企業版である。

 いずれも、企業での活用を前提に管理機能を搭載し、セキュリティ機能を強化している。一方で、コンシューマ市場で培ったユーザーインターフェイスはできるだけ活かし、導入の敷居を下げているのも特徴だ。こうした戦略が奏功し、従業員になじみのあるサービスが企業内でも急速に普及しつつある。

 しかし、こうした動きにともなって、見過ごせない問題も起きている。

複雑かつ面倒になる認証とセキュリティの問題

 1つは、サービスへのログイン方法の複雑化だ。利用するクラウドサービスが増えると、それだけ管理すべきアカウントも増える。アカウントが増えるとユーザーの利便性は低下し、パスワードの使い回しも起きやすくなる。

 また、社外のクラウドサービスを使うことそのものが、企業のセキュリティを脅かすことになりかねない。サテライトオフィス 執行役員 クラウド事業部リーダー 別所 貴英氏は次のように説明する。

「Office 365やG Suiteなどのクラウドサービスのメリットは、インターネット環境さえあれば、デバイスや場所を問わず利用できることです。しかし、これはセキュリティの観点からは、決して望ましくありません。ネットカフェからでも海外からでも、会社の重要な情報にアクセスできるからです」(別所氏)

 こうした課題を解決し、クラウドサービスを安全に活用するには、アカウント管理をシンプルにし、同時にアクセス制御を強化するという、「相反する対策」を同時に進めなければならない。では、具体的にどのような対策が考えられるのだろうか。

この記事の続き >>
・利便性と安全性を両立するには?
・社内システムとクラウドサービスの両方にシングルサインオン
・DNSサーバの設定を変更するだけで包括的なセキュリティ機能を獲得

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます