富士通株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/21 掲載

ハイブリッド/マルチクラウドの安定稼働を妨げる3つの壁、その解決が難しい理由とは

記事をお気に入りリストに登録することができます。
企業のITシステムのインフラとして広く浸透してきたクラウド。申し込めばすぐに利用でき、多様な機能をサービスとして利用できることがクラウドの最大の魅力だろう。初期導入コストを抑えられるなどメリットも多いが、オンプレミスと混在したハイブリッド環境で運用する場合は注意が必要だ。ハイブリッド/マルチクラウドが主流になった現在ならではの、ITシステム運用の3つの課題とその解決方法を考える。

photo
ハイブリッド・マルチクラウド環境だからこそ解決しなければならない課題がある
(Photo/Getty Images)

クラウド時代のシステム運用における課題

 ITシステム運用という観点では、クラウド活用における3つの共通課題が存在する。それは「業務の可用性」「監視の方法」「ジョブの管理」だ。

 システム運用において特に重要なのは、ビジネスを継続するためにITシステムのダウンタイムを発生させないことである。現実的には完全に無停止にすることは難しいため、万が一、止まったとしてもすぐに再開できる「可用性」を考える必要がある。また、正常稼働のための「状態監視」や「ジョブ管理」も必須となるだろう。

 もちろん、クラウドベンダー側もこうしたニーズに応えるため、可用性や監視の容易性を確保する仕組みを含め、さまざまな付加価値を付けたサービスを提供している。しかし、ハイブリッドクラウド/マルチクラウド環境において、この「業務の可用性」「監視の方法」「ジョブの管理」という3つの課題を克服することは極めて困難だ。

 以下で、課題ごとになぜその解決が難しいのか、詳細を解説していく。

この記事の続き >>
・「マルチAZなら可用性が確保できる」というわけではない
・複数のクラウドにまたがる監視やジョブ管理の難しさ
・ハイブリッドクラウド運用最適化のための3つの解決策

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​