• 会員限定
  • 2024/06/19 掲載

建設業 3割以上が“55歳以上”、慢性的な人手不足で活発化する「買収・合併」のリアル

連載:現場の声から読み解く建築業界のリアル

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
経済の重要な柱として、人々の生活基盤を支えている建設業界。しかし、少子高齢化による若年労働力の減少や熟年労働者の引退により、現場の人手不足が深刻化しています。そうした人手不足は工事の遅延やコストの増加を招き、多くの企業が倒産の危機に瀕しています。その対策として、建設業界では、企業の買収・合併が活発化してきています。この働きによって、建設業はどう変わっていくのでしょうか。建設業界が持続可能な成長を実現するためにやるべきこととは。
photo
常態化しつつある建設業界の人手不足にどう立ち向かうべきなのか
(出典:中部地方整備局 建政部「建設業における働き方改革」より編集部作成)

建設業の「3割が55歳以上」の厳しい実態

1ページ目を1分でまとめた動画
 日本の建設業界は、深刻な人手不足に直面しています。少子高齢化が進むにつれ、若年労働力の供給が減少、高齢化した労働者の引退が相次ぎ、現場での人手不足が常態化しつつあります。

 それに加え、この業界では人材育成にも問題があり、建設業界への入職者が「業界になじめずに離職する」といった事例もよく耳にします。

 こうした人材不足の問題は、特に地方の中小建設業者において顕在化しています。必要な人材を確保できずに業務遂行が困難となり、最終的には倒産に追い込まれるケースが増えているのが現状です。

 国土交通省が公開しているデータによれば、建設業の労働者の平均年齢は年々上昇しており、55歳以上の労働者の割合も増加しています。

画像
建設業の3割以上が55歳以上、29歳以下は1割である
(出典:中部地方整備局 建政部「建設業における働き方改革」より編集部作成)

 また、建設業は労働環境が厳しく、長時間労働や危険が伴う作業が多くあります。そのため、若年層からは敬遠されがちです。大学進学率の上昇やホワイトカラー職の人気も相まって、建設業への新規参入者は伸び悩んでいます。

画像
建設業における入職率が減少する一方で、離職率は増加している
(出典:日本建設業連合会 建設業デジタルハンドブックより編集部作成)

 人手不足は、工事の遅延やコストの増加を招き、企業の経営を圧迫します。たとえば、ある中小建設業者は、新規工事を受注するも、必要な人手を確保できず、予定工期内に完成できない事態に陥りました。これにより、追加のコストが発生し、最終的にはキャッシュフローが悪化し、倒産に至りました。

 このような慢性的な人手不足を解消するため、国を挙げてさまざまな施策に取り組んでいます。そうした中、建設業では企業の「買収・合併」が活発化しています。この働きにはどのようか効果があるのでしょうか。 【次ページ】建設業で活発化する「買収・合併」、そのメリットとは?

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます