開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社TCSI提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/10/17

セミナー資料

ホワイトペーパー
情報の無意味化で守らずに安全なセキュリティを提供する「PASERI」の活用事例
企業では依然として大規模な個人情報漏えいのインシデンスが絶えない。2015年のインシデント件数は799件で、漏洩人数は490万人、一件当たりの平均損害賠償額は3億3千7百万にも上る。これに対しPCやデータを持ち出し禁止にしたり、暗号化をしたりする対策が取られているが、それにより外回りの社員の生産性が著しく損なわれたり、暗号化キーの管理自体が困難だったりといった課題が残る。こうした課題に対し、データがたとえ盗まれたり、漏えいしたとしても情報を「無意味化」することで、インシデント化することを防ぐ、新しいアプローチが存在する。それがTCSIが提案するオープン・セキュリティソリューション『PASERI』だ。本資料では、『PASERI』の概要と、守らずに安全安心なセキュリティ、「オープンセキュリティ」の概念、またLXILや富士通で『PASERI』がどのように活用されているのかを、わかりやすく解説します
ページ数:41スライド
内容(一部抜粋)
●企業における情報漏洩の原因
●これまでのセキュリティ対策
●ユーザーが意識しなくても安心・安全“オープン・セキュリティ”
●オープン・セキュリティを提供するインフラストラクチャ『PASERI』
●LIXIL様導入事例
●富士通様導入事例
●『PASERI』が目指す次世代のインフラストラクチャ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!